一昔前まではペットといえば犬が人気でしたが、最近は人気雑誌で猫特集が組まれたりするほど空前の猫ブーム。女性だけでなく、男性でも猫好きで猫を飼っている独身男性も多いです。

そんな猫好きの男性ですが、犬や他のペットが好きな男性と性格がどう違うのでしょうか?あなたの気になる男性は猫好き男子ですか?そんな猫好き男の性格の特や落とす方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

わりと内向的?だけどスマートな猫好き男子

犬、特に大型犬などを好きな男性って、アウトドアなどにも犬を連れて出歩きたいアクティブな性格の人が多いのではないでしょうか。

実際犬は毎日散歩も必要ですし、外で遊ぶことを喜びますので、飼い主もある程度のアクティブさが必要です。

でも、猫はどちらかというと、自分のテリトリーを出たがらない生きもの。多少外に出る飼い猫もいますが、基本はおうちでごろごろしている子が多いと思います。

そんな猫を好きな男性は、わりとインドア派でデートもおうちでまったり派、性格も超アクティブというよりはやや内向的なインテリタイプが多いかも!

でも内向的=ただ暗いのではなく、猫好きの男性はデザインや職人系など、クリエイティブな職業が多かったりとスマートな方が多い傾向のようです。アメリカでされた研究では猫好きの男性はIQが高い傾向にあったという結果もあるほど!

束縛しない、自由な恋愛を好む

犬は従順な生きもので、飼い主の言うことは絶対ですし、散歩に躾にとある程度飼うのに労力も費やします。その点もあってか、犬好きの男子は女性にも従順さを求め、自分がグイグイ引っ張る亭主関白タイプと言えそう。

反対に猫は自由気ままな生きもの。甘えてくる時もあれば、そっけなく振る舞われることも。そんな猫が好きな男性は、恋愛でもお互いのテリトリーに踏入り過ぎない、適度な距離感を求める性格です。

甘えんぼうな面&甘えられたい願望もある猫好き男子ですが、常にべったりというのではなくて、自立した女性から急に甘えられるとグッとくる…。

そんなある程度の距離がありつつも、彼女の可愛い面を小出しにされるとメロメロになってしまうよう。猫好き男性はツンデレ好きなのかもしれません。

ロマンチストで繊細な一面も

猫好きの男性は、犬好き男性が亭主関白タイプの男らしいイメージなのに対し、やや女性的な面も持ち合わせている人が多いです。おうちでまったり好きなので、料理上手だったり家事もしっかりできる人が多いかも。

それに猫好きの男性はなかなかロマンチスト。普段表には出さないかもしれませんが、意外と彼女との記念日はしっかり覚えていて、プレゼントを用意していたり旅行を企画してくれたり。

出張でどこかに行った際には、彼女へのお土産をちゃんと買ってきてくれたりも…。そういう細かい演出ができる猫好きの男性は多いです。

スポンサーリンク