浮気は、そもそもダメなことです。大切な誰かを傷つける行為ですから…。でも、それを分かっていながら止められない…という人もいるのでは?でも浮気をするのであれば、絶対にバレないように注意しなければなりません。

でも毎回浮気がバレて苦い思いをしてしまう、いわゆる「浮気に向いていない人」は存在します!!そこで今回、当てはまったら浮気は絶対にしない方がいい。浮気に向いていない人の特徴をご紹介します。

嘘つくのが下手

「今から浮気するねー」と、浮気をするのは、そもそも浮気でもないでしょうし、そんな人世の中存在しないですよね(笑)浮気は嘘で成り立っています。ですから“嘘”をつくのが苦手な人は、浮気は出来ません。

とっさに言い訳をしたり、うまく話を交わしたり、そもそも疑われるような状況を作ってはいけません。

表情もポイントで、目を泳がせたり、ニヤニヤしていてはすぐバレるのでポーカーフェイス。上手に嘘で鉄壁の壁を作れるくらいでなければ浮気は出来ません。

身体が正直

嘘をついたり、気まずいことがあったりすると汗がすぐに出てしまう体質の人は要注意。どんなに冷静になろうとしても、深呼吸をしても、汗はなかなか止まらないですよね。

特に彼氏に嘘をつくわけですから、いつ抱きしめられても、手を握られてもおかしくありませんから、汗をかいていれば、彼からすればおや?と思うもの。

すぐ誰かに話してしまう

女性はただでさえ、自分の話を聞いてほしい生き物です。浮気だろうが、不倫だろうが、自分の浮ついた気持ちを男性に比べて話してしまいがち…。

いくら信用している友人だとしても、常識から外れた行動をしていれば、友人から愛想をつかされてもおかしくありません。どこから話が漏れるかは分かりませんので、気を付けましょう。

ツメが甘い人

浮気をする際には、徹底的に証拠を残してはなりません。話がおかしいな?と感じている彼は、疑い深くなるため、彼女の荷物や持ち物、レシートまでをチェックする可能性もあります。

徹底的に証拠を消すというのは、レシートを捨てる、貰ったものは彼に見せない(給料日後に出す)、浮気後に会うなら匂いにも敏感に、メールや電話などの痕跡を消すなど、思い出を消すくらいの勢いでやりましょう。ツメの甘さが、浮気発覚の大きな原因になります。

浮気相手にのめり込みすぎる

浮気相手にのめり込みやすい人は要注意。彼よりも浮気相手を優先してしまい、彼と約束していたのに断ってまで浮気相手に会ってしまうなどを繰り返していると必ずボロができます。

本人は心が満たされているから、相手の不満に気づかないかもしれませんが、相手はどんどん違和感を感じていきます。