成人しているのに年齢確認される…。とても恥ずかしいですよね。自分が幼く見えてしまう理由は一体どこにあるのでしょうか。

そして、あか抜けない自分を変えて大人っぽく見せるにはどうすればいいのでしょうか。今回は幼く見られる女性が大人っぽくなるための攻略法について紹介していきます。

幼く見られる女性の特徴1.顔の作りが童顔

幼く見られる人の特徴の1つは、顔の作りが元々童顔な場合があります。童顔に見られやすい顔の作りとして、丸顔、丸い目、小さい口、前髪ありのヘアスタイルなどが挙げられます。

元々童顔であか抜けない印象があると、本当に幼く見られてしまいます。化粧を全くしたことがない人や、ファッションに無頓着な人は特に注意が必要です。

さらに童顔の人は大人っぽい時期がなく一気に老けてしまう可能性もあります。年相応のケアやメイクなどをしっかりと行うように心がけた方が良いでしょう。

幼く見られる女性の特徴2.年相応を知らない

幼く見られる人の特徴2つ目は、年相応を知らないという場合です。普段からメイクやファッションについて研究していれば、何となく年相応の雰囲気がわかるはずです。

しかし、年相応のスタイルを知らないと全く垢ぬけない印象が強く、幼く見られてしまいます。

ファッションに無頓着だからと言って、中学校の頃着ていた洋服をいまだに来ているようではいけません。大人っぽく見られたいなら、最低限の年相応スタイルを把握しておいた方が良いでしょう。

大人っぽく見られる方法1.メイクをしてみる

垢抜けない印象からガラッと雰囲気を変えるためには、メイクをしてみるのが最もおすすめです。年齢を重ねるとメイクを少しずつ覚えてくるかと思います。メイクはとにかく練習あるのみです。

大人っぽい印象に変えたい場合は、まず眉毛をきりっとした印象にすると良いでしょう。ふんわりとした眉毛より凛とした濃いめの眉毛の方が大人っぽく見せることができます。

他には目元は目尻側にポイントを持って行くことで大人っぽい印象の目元を作ることができます。アイラインを引くときは目尻だけ少し太めに引きます。

本来の目の形よりも少しはみ出した形でアイラインを引くと横長の切れ長な目元を作り出すことができます。色味は使いすぎないように注意しましょう。シックなブラウンやベージュなどのカラーを使うことも大人っぽく仕上げるポイントです。

大人っぽく見られる方法2.服装を変えてみる

大人っぽく見られる方法の2つ目は、服装を変えてみることです。服装は年齢を判断する大きな材料になります。童顔を解消したいなら、自分が思うより少し上の年齢の服装をすることで、年相応に見えるはずです。

20代なら30代前半が着るような服装をすれば丁度良くなるはずです。カジュアルな服装は幼く見えてしまうので、シャツやカーディガンを使ったコンサバ系スタイルに挑戦すると大人っぽく見えるはずです。

RECOMMEND PR