初めて彼女のご両親、ご家族に会うときはきっと緊張しますよね。それと同時にいろいろな問題や悩みが出現してくると思います。

手土産はどんな物が良いか、どんなことを聞かれるのか、会話は弾むのか、ご両親に気に入ってもらえるか、等挙げたらきりがありません。また、特に悩むのが「服装」ではないでしょうか。第一印象はとても重要です。

いくら人は中身が重要と言っても外見で判断されることも多い世の中です。出来れば不安要素は無くして臨みたいのが本音ですよね。

今回は「彼女の実家へはじめて遊びに行く時の彼氏のどんな服装が良いのか」にスポットを当てていきたいと思います。

 

1.きっちりしたお嬢様

お嬢様育ちの彼女のお宅にお邪魔するのならばスーツが無難だと言えるでしょう。また、スーツも華美な物では無く、万人受けする物が好まれると思います。

裏地が派手な物やおしゃれスーツは避けましょう。また、ネクタイも青や紺などのさわやかな印象を与えるストライプやチェックなどがおすすめです。

手っ取り早く申し上げますと、就活生が着ているスーツやネクタイ、シャツは受けが良いと予想されます。ただ、ご両親がファッショナブルである、アパレル関係の仕事をしているのであれば、ネクタイやシャツに遊び心を取り入れても良いと思います。

ただ、どちらにしてもネクタイが曲がっていることや、シャツがズボンから出ることはだらしない印象を与えてしまうので御法度です。邪魔する前に鏡でチェックしたり、彼女に確認してもらうと安心でしょう。

2.普段着に近い格好でお邪魔する場合

特にスーツを着用する予定が無い場合はスキニーにシャツなどで良いと思います。ただし、デニムは「アメリカ人の作業着」という印象が強い年代であるため避けた方が無難だと言えるでしょう。

また、襟がないものより襟がある物の方がきっちりした格好に見えるため、おすすめです。注意したい点が、ティーシャツを着用する際、首回りがだらしなく伸びている物や、ニットが毛玉だらけ、などといった物は避けた方が良いと思います。

新調しなくても良いと思いますが、ご自身が持っている洋服の中で「よそいき」の物をチョイスすると良いのでは無いかと思います。また、盲点なのが靴下です。

穴が開いている物は勿論、薄汚れた物はやめましょう。また、夏だからと言ってサンダルで訪問することも失礼にあたります。必ず靴下は着用しましょう。

3.彼女に聞いてみる

過去に男性を両親に紹介したことがあれば、その際どんな格好をしていたのか、またそのときの両親の反応をリサーチすることも有効だと思います。

また、友人に彼女のお宅にお邪魔する際にどんな格好で訪問したか聞いてみても良いかもしれませんね。そこで失敗談や助言を聞けるかも知れません。