ママ友にお金を立て替えてをお願いされたり、お金を貸してほしいと言われたら困惑しますよね。金額が少額の場合、今後の付き合いも考えて貸してしまうこともあるかもしれません。

しかし、その後トラブルに発展することもありますので、少額でも注意しましょう。ランチの立替はお願いしやすい?

仲が良くなると、子どもが幼稚園や学校に行っているお昼に一緒にランチ、なんて展開はよくあるシチュエーション。ファミレスなどのチェーン店は、平日お得なランチがあるところも多いので行きやすいですね。

「お財布にお金を入れ忘れたから立替えて」と言われたら、そんなに高くないしいいかな、とハードル低めに感じるかも。でも一度やってしまうと、立替てくれる人、と思われて一度では済まなくなる可能性が!

「この後買い物に行くから貸せない」など、ウソでもいいので断りましょう。

 

学校費など子ども関係のお金

学校などで急に集金がのお願いをされることがあります。締め切りが早いこともあるので慌てることが多いです。

いきなりの集金で困る気持ちがわかるので、学校費の立替をお願いされると助けてあげたくなるかもしれません。子どものことだし、かわいそうという気持ちにもなりますよね。

でも子どもが関係しているからこそ、ちょっと待ちましょう。子どもが肩身の狭い思いをするかも、と思っても、学校費のことは学校にお任せしましょう。

子どもをだしに使ってくる

お金がなくて、今日食べるものもない、お金を貸してほしい。と言ってくるママもいるようです。最初は「え?」と思っても、子どもが空腹と言われれば同情してしまいます。

子どもを使ってくるのは卑怯です。食べるものに困っているのなら、お金ではなく食べ物を分けてあげるのをおすすめします。

お米やカップラーメン、冷凍食品など、一食分あれば充分です。なんなら夕飯食べてく?と言ってもいいかも。仕事が終われば旦那さんも帰宅するはずですし、これで解決するはず。

そもそもこんなことを言う人は、お金を借りる理由にしているだけなので、本当に食べ物がないことはほぼないでしょう。

町内会費の立替はしなくていい!

町内会などの自治体では、順番で班長が回ってくる地域も多いと思います。その際年度初めに町内会費の集金の仕事があります。

家に尋ねるといつも留守、学校の行事などで会ってもその話はなかなかできず、集金が滞ってしまうと、班長の責任を感じ立替てしまう場合もあるようです。

RECOMMEND PR