別れのときは修羅場。お互いもうこれ以上は無理!と決断して別れた彼氏。別れたかった彼氏とようやく切れたとき、女性は満ち足りた解放感に包まれます。

「もう、しばらく恋はこりごりだわ~」という方もいれば、「さぁ、次々!合コンいかなくちゃ!」と新しい恋を求めて活発になる方も。

そんなときに、元彼が「ごめん、やり直そう」なんて言ってこられたら…。ムリ、ムリ、ムリ、ムリ、絶対ムリ!というあなたに、とっておきの対処法をお教えします!

LINEはひたすら既読スルー。ブロックは最後の手段に

LINEがくるだけでもうざい!未練たらしい男って情けない!と、すぐにLINEをブロックしてしまう女性がいますが、拒否されると男性はどんな手段も使ってくるもの。

そもそも、復縁を迫る男性は、女性がまだ自分のことを好きだと思いこんでいる場合が多いのです。それは、そこそこ自分に自信があるせいかも。

LINEは既読にする事も重要

LINEをブロックされるとまた別のアカウントを使ってくるなど、今の時代、連絡手段はいくらだってあります。ブロックしてもこれではイタチゴッコとなりそうですよね。

そこでブロックより、ひたすらスルーするのがベター。既読になることでとりあえず自分の思いは届いていると油断させることで、時間稼ぎができます。

復縁できない理由を理論的に述べる

理論攻めにすることが得意なあなたなら、今の彼への気持ち(復縁する意思はないこと、なぜ別れたいと思ったか、そのときの彼の言動、傷ついた自分の思い)などを、切々と長文でLINEしましょう。

重要なのは、「もうあなたと復縁する気持ちは一切ない」ということを、しっかりと強調しておくこと。そして最後に

お互いに幸せになりましょうね

と優しく、そして突き放した一文を添えておきます。ここまで言われて、それでも…という男性は相当頭が悪いか、あとは意地になってしまうタイプ。一時期でも愛し合った男性がそうでないことを、祈るばかりです。

ちょっと可愛そうかな…

という憐れみに囚われた場合はひたすら謝ってくる彼。反省し続ける彼。いつにない誠実な彼の態度を目の当たりにしたら、いったんムリ!と決断した女性も、つい気持ちが揺れ動いてしまうことがあります。

また、LINEをスルーできずに、当たり障りのない返事をしてしまう、優しい性格、やや優柔不断な方もいらっしゃるでしょう。

食事くらいでもダメ

そんなあなたの態度と気持ちの変化を即見抜いた元彼は、「じゃ、最後に食事でもしようよ。本当に最後だから」などとあなたを誘ってくれるかもしれません。

RECOMMEND PR