仕事をする中で、職場の男性から食事に誘われることもあるでしょう。ただ女性からすると、なぜ食事に誘うのか、その男性心理が少々気になるものです。

中には「もしかして特別な気持ちが…?」と勘ぐってしまう女性もいるでしょう。誘われた側はちょっとモヤモヤしてしまうと言えます。職場の男性が食事に誘ってくれる心理をご紹介します!

お礼・お詫びがしたいから

  • 仕事を手伝ってくれたお礼
  • ミスして迷惑をかけてしまったお詫び

など、女性に対するお礼・謝罪をしたいという気持ちから、食事を奢ることもあります。言葉だけだと物足りない感じがする、けれどもモノを贈るのは大げさすぎる…そんな時に最も使えるのが「食事をごちそうする」という方法なのです。

そのため、恋愛感情などの特別な気持ちはありません。「お詫びをしたい」という単純な動機だけが元になっています。突然男性から食事に誘われると、女性としてはやはりちょっとドキッとするものです。

ただ、こうした心理の場合、特に何も意識せず気軽な感覚で誘っています。相手に対する感謝の気持ちや気遣いなど、プラスの感情にあふれた純粋で素敵なお誘いです。

このような心遣いをしてくれると、とても嬉しいものです。コチラも変に意識せず、相手の気配りを素直に受け取り、気軽に食事を楽しみましょう。

恋愛感情がある

職場の男性が食事に誘ってくれる

特別な感情ナシで食事に誘う男性はたくさんいます。が、特別な感情があるからこそ食事に誘う…という男性も非常に多いです。「恋愛感情を抱き食事に誘う」という心理は、恐らく最も定番な心理と言えるでしょう。

  • 仕事が終わってからももっと一緒にいたい
  • 女性のことをもっと知りたい

そんなときめきや興味が募った結果、女性を食事に誘うのです。女性のことを知りたいと同時に、自分のことを知ってほしいという気持ちもあります。

そのため、食事中に様々な質問をしてきたり、自分のことをいろいろ話してきたりする場合は、恋愛感情があると考えていいでしょう。

恋愛感情が伴っている場合、お店選びの際も女性の好みを優先します。話題のお店や高級レストランなど、いかにも女性が喜びそうな場所をチョイスすることもあります。

もし相手のことを「いいな」と思っているのであれば、まさに絶好のチャンスです!あなたからも積極的に質問をして、どんどん話題を膨らませていきましょう。そして「今度は私のおすすめの店に行きませんか?」と、あなたから食事に誘ってみてはいかがでしょうか。

実は下心がある

男性の中には、仕事仲間の女性に対し、下心を抱く人もいます。そして「あわよくば」という感覚で食事に誘うのです。美味しい食事やお酒でいい雰囲気になった後、そのまま流れで…という展開を狙っているわけです。

見方を変えれば、「女性としてそれだけ魅力的な証拠」とも言えるでしょう。しかし、やはり下心全開で言い寄られてもあまり良い気持ちはしません。

大抵の女性は

  • 気持ち悪い
  • 不愉快

と思うものです。それこそ、せっかくの食事も不味く感じてしまうでしょう。ただ、100パーセント下心かというとそうとも言えません。男性の中には、恋愛感情を抱くあまり下心を抱いてしまう人も、数多く存在するからです。

もっとも「恋心を抱いた異性と触れ合いたい」と思うのは、男性のみならず女性も同じです。そのため、恋愛感情と下心が半々くらいというケースもあります。この場合、女性としては嬉しいような不快なような、少々フクザツな心境と言えるでしょう。

いずれにしろ、その気が無いのであればお断りしてください。明らかに下心が見え見えな状態で食事のお誘いを受ければ、相手は当然期待します。

期待させておきながら結局NG…となったら、お互いに気まずくなるでしょう。また仕事にも影響を及ばす可能性大です。余計な期待を抱かせないためにも、「これは下心だな」と悟ったら、やんわりとお断りしましょう。