遠距離だけでも大変なのに海外。しかも、彼氏は外国人・・。こんな状況の女性なら、苦労することは多そうですね。しかし、大好きな彼氏なら長続きさせたいもの。

そこで今回は海外在住の外国人彼氏の苦労あるあると、長続きさせる方法を紹介します。

スポンサーリンク

外国人彼氏との遠距離恋愛あるある4つ

海外在住の外国人彼氏との遠距離恋愛で苦労することを紹介します。

1.時差があって時間が合わない

時差がある国の外国人彼氏を持つと、時間が合わずに困ってしまうことは多いです。アジアならそれほどズレはありませんが、欧米などはかなりズレているので、こちらが朝でも相手は夜だったりしますからね。

休みなら時間を合わせることもできますが、平日ではそれも難しいです。また、すぐに伝えたいことがあっても、「相手はまだ早朝だから、連絡するのはやめておこう」なんていちいち時差を気にしなくてはいけません。

このように時差で時間が合わないことが原因で、ストレスが溜まってしまうことも・・。遠距離だけでも大変なのに、時差があるともっと大変なのは言うまでもありません。

2.たまにしか会えない

海外在住の外国人彼氏を持ってしまうと、一度会うだけでも、かなりのお金と時間が必要になります。当然ながら、頻繁に会うことはできません。

そのため、一年に数回しか会えないなんてことも・・。十分に関係ができているなら、それでもいいかもしれませんが、ほとんどのカップルは、これが原因で破局してしまいます。

確かに、たまにしか会えないのでは、寂しくて余計辛くなってしまいます。いっそのこと別れて楽になろうと考えても不思議ではありません。

3.お互いの行動が分からない

海外在住の外国人彼氏を持ってしまうと、お互いの行動が分からない問題も出てきます。相手ははるか遠くの異国の地にいるのです。何をやっているのかなんて知ることはできません。

もちろん、相手が近くにいようが遠くにいようが、最終的には相手を信じるしかありません。しかし、好きだからこそ、「相手が何をやっているか知りたい!」と思ってしまうことも・・。

知りたいのに、知ることができない・・。そんなもどかしさで、関係に疲れてしまうのはよくあることです。

4.文化や習慣が違う

海外在住の外国人彼氏を持って苦労してしまうことは、文化や習慣が違うことです。外国人は日本では考えられないことを平気でやってしまいます。

スポンサーリンク