元彼と復縁するために冷却期間を耐えきった・・。そろそろ、何かアクションを起こしたい!とりあえず、LINEでもしてみるか。でも、なんて送ろう?めんどくさい女って思われたくないな・・。

元彼とよりを戻そうと頑張っている全ての女性がぶち当たる壁ではないでしょうか?この最初の一歩でコケてしまうと、復縁なんて到底無理です。

返信率が高いLINEやメールとは?

そんな大事な一歩を正しく踏み出したい女性のために、今回は復縁したい女性が冷却期間後に送る正しいLINE&メールを紹介します。巷に出回っているLINEやメールの例文を、何も考えずに使って後悔したくない方必見です!

過去の恋愛に一切触れない

あなたや元彼のタイプによって、的確なメール内容は変わってきます。当然、別れた原因にも左右されます。しかし、全てのケースで守らなければいけないことがあります。それは過去の恋愛に触れないことです。例えば、こんな文章内容はNGです。

  • ようやく立ち直った!今は元気にしてます!
  • あんたに振られたせいで大変だったんだから・・(自虐ネタ)
  • 最近は色んな友達とも遊んで元気にしてる(男の影を匂わせる)

立ち直ったことを伝える時点で、まだまだ冷却期間を過ごした方がよさそうです。また、振られた自虐ネタが元カノから送られてきたら、ただただ気持ち悪いだけ・・。

男の影を匂わせるのも、結局は振られたことを意識していると思われます。男性としては、「だから何?」という感じです。

一発目のLINE・メールが重要

多くの復縁を望む女性が、冷却期間開け一発目のLINEで撃沈してる・・。しかも、自分では全く気付いていない・・。冷静に考えると恐ろしいことです。

一発目はたわいもない要件

冷却期間の返信率が高いLINE

恋愛ネタはNGなのは分かったけど、それじゃあ何て送ればいいのか?深く考える必要はありません。たわいもない話題を送ればOKです。

ただ、「久しぶり~元気?」とかだけ送っても、相手は元カノからめんどくさいLINEがきたと思うでしょう。本当にくだらない自分の状況を送っても同じです。(今日のランチとか、共通の友達のネタ話とか・・)

LINEやメールで用件を的確に

大切なことは『要件』であることです。要するに、何らかの情報を元彼に求めたり、元彼を通して知人のことを聞いたり。そんな些細な要件だけを送れば、高い確率でLINEが返ってくるでしょう。

男性は女性よりも、意味のない連絡を面倒に感じる傾向があります。それが元カノなら尚更です。要するに連絡する理由が必要なのです。

そんなタイミングよく連絡する用事なんてない!と馬鹿正直になる必要はありません。理由なんてものは作ってしまえばいいのです。

友達を理由にする

そもそも自分は用事はないけど、友達に頼まれて・・的な内容は、比較的返信率が高いです。例えば、あなたの友達が、元彼の友達に何らかの用事があるけど連絡が取れない・・。そんな感じです。

できれば、気になっているという恋愛ネタではなく、趣味や仕事関連の話題がイイでしょう。ただ、この場合は事前に友達に一言言っておく必要があります。当然ですね。元彼の友達とあなたの友達が、遠すぎず近すぎない関係のケースで使える方法です。

元彼の好きなジャンルで質問する

もし元彼に何らかの得意なジャンルや得意じゃなくても好きなジャンルがあれば、その情報を教えてもらうためにLINEを送れば、元彼も自然に受け入れてくれるはずです。

さらに自分の好きなジャンルなら、面倒くさがることもありません。むしろ、必要以上に話題を提供してくれて、あなたが疲れてしまうかも。

普段物静かな男性でも、自分の大好きな話題になると止まらなくなってしまうものです。『自分の大好きなこと』で、『相手より優位』に立って説明でき、『相手を喜ばす』。幸福感で満たされるのはそのためです。

LINEの最中に「話した方が早いから電話していい?」

何らかの理由を作って連絡すれば、彼からの返信が高確率できます。元彼の好きな話題なら、しばらくやり取りが続くでしょう。

この時、元彼との久しぶりのLINEを満喫してはいけません!すぐに「話した方が早いから電話していい?」と送りましょう。何の疑問もなくOKしてくれるはずです。話題が盛り上がっているなら、いきなり元彼から電話がかかってくるでしょう。

LINE・メールの返信率を上げる

LINEから電話につなぐことができれば、冷却期間後の一発目のLINEとしては100点です。存分に彼との会話を楽しんでください。あとは、電話を切る前に次回も電話しやすいような一言を忘れずに言っておきましょう。

「本当に助かった!やっぱり○○くん、すごいね~。○○の部分はもしかしたら、また聞くかもしれない。その時はよろしくね!それじゃ~ね。」

こんな感じで終わらせておけば、次回連絡する理由を作ることができます。理由さえあれば、男性はちゃんと対応します。意味のない話題やスタンプでかまってちゃんになるからウザがられるのです。

1発目のLINEで電話できる関係に戻す

しばらく距離を置いて一発目の連絡。いきなり電話する勇気がないから、メールやLINEを使おうとするのは自然なことです。ここで失敗しがちなのが、とにかくよりを戻したい!と未練を見せたり、振られた理由を詳しく聞いたり・・。

「自分!自分!」になって自滅する女性は非常に多いです。とにかく、焦らず相手のことを考えて、まずは普通に電話できる関係に戻すことを目標にしてください。復縁はその後です。健闘を祈ります!