彼氏が些細なことですぐに怒り出す・・。「次はいつまた怒られるんだろう?」なんて思うと、なんだか憂鬱ですよね。怒るところ以外は大好きな彼氏だからこそ、悩ましいものです。

彼氏になるべく怒られないためには、一体どうしたらいいのでしょうか?その方法を紹介します。

スポンサーリンク

すぐ怒る彼氏の心理6つ

そもそも彼氏は、なぜそんなにすぐ怒るのでしょうか?まずはその心理を説明していきます。

1.独占欲が強い&嫉妬深い

カップルの喧嘩の原因で一番多いのは嫉妬です。「他の男と仲良くするな」「元彼のほうが好きなんじゃないか?」などなど・・。とにかく嫉妬は怒りの引き金になりやすいです。

ですので、彼氏も独占欲が強く嫉妬深い性格なのかもしれません。それはあなたが深く愛されている証拠ではあります。愛しすぎているあまり不安も強くて、怒ってしまうのかもしれませんね。

嫉妬は長く付き合って信頼関係ができると落ち着く場合もあります。彼氏を安心させるよう努めたり、長い目で見てあげるといいですね。

2.感情の起伏が激しい

怒りやすい彼氏は、普段から感情の起伏が激しいのかもしれません。ちょっとしたことでカーっとなってしまったり、その反面嬉しい時には人一倍喜んだり。また、悲しい時にはいつまでもクヨクヨ落ち込んでいたり。

こういう感情の不安定さは、もともと持って生まれたものです。子供の頃から深く染みついている性格なので、簡単に変えられるものではありません。「彼はこういう性格なのね」とのん気に構えるのが一番かもしれませんね。

3.八つ当たりをしている

社会人は何かとストレスが溜まるものです。働いていると上司やお客さんに辛く当たられたり、残業で毎日疲れ切っていたり・・。そんなストレスを、彼女にぶつける男性もいます。

毎日上司などに怒られて嫌だけれど、部下との立場としては反論できない。そんな欲求不満を、自分より弱い立場である彼女にぶつけてしまうんですね。まさしく八つ当たりです。

こんな男性は、少しでも彼女が間違っていると感じたら、猛烈に追求してきます。彼女の間違いを正すためではなくて、自分が怒ってストレスを発散したいという理由で、彼女のあら探しをしてしまうのです。

4.自分一番な亭主関白タイプ

男性の中には、怒ることで自分の威厳を示す人もいます。オラオラ言うことで自分を大きく見せる、チンピラのような心理ですね。恋愛においては、彼女に対して自分が上に立とうとする亭主関白な態度です。

だけど、怒ることで自分の威厳を示そうとするのは、実は心が弱い証拠でもあります。自分に自信がないからこそ、自分を大きく見せようとしてしまうんですね。

5.怒ることであなたの気持ちを試している

怒ったりイライラすると、ストレスが溜まりますよね。「なるべく怒りたくない!」という人がほとんどだと思います。だけど中には、何か目的があってわざと怒る人もいるのです。

例えば、怒ることで彼女の気持ちを試す。意外とよくあるパターンです。自分に自信がないあまりに、「怒りをぶつけても、彼女は自分から離れていかないだろうか?」と試してしまうんですね。

こういう彼氏に対しては、普段からたっぷり愛情表現をして、安心させてあげることが大切です。

6.精神的に未熟&自分の気持ちをコントロールできない

お互い付き合いが長くなると、どうしても相手の欠点も見えてきてしまうもの。あなた自身も、「彼氏のここが気に食わない」というところがあるはずです。そんな時には、相手の悪いところを穏やかに指摘して、感情を交えずに冷静に話し合うこと。それが大人の態度です。

一方ですぐ怒る彼氏は、まだまだ精神的に未熟で、自分の気持ちをコントロールできていないのです。「なるべく穏やかに話し合って、問題を解決しよう」と思える心の余裕がないから、すぐに怒ってしまうんですね。

彼氏に怒られない方法5つ

誰だって怒られると嫌な気分になりますよね。なるべく彼氏に怒られないようにするには、どうしたらいいのでしょうか?その方法を一緒に見ていきましょう。

1.彼氏の怒りのポイントを知っておく

人の性格は人それぞれ。ですので、「何をされると怒るのか?」というポイントは人によって違います。怒りっぽい彼氏に対しては、その怒りのポイントを踏まないようにすることが大切です。

例えば、嫉妬深い彼氏の前では決して他の男の話をしない。これだけでも大分怒りを回避できるはず。また、特定の話題に関して怒りやすい男性もいます。趣味のことに口を出されると猛烈に怒ったり、家族をけなされるのだけは許せなかったり・・。

今まで、どんなことで怒られたか?よく思い出してみましょう。そうすれば、彼氏の地雷ポイントがわかってくるはずです。

2.男のプライドを傷つけない

怒りやすい男性は、プライドが高いことが多いです。そのプライドを傷つけられた時に、猛烈にキレ出すのもよくあるケース。ですので、普段から男のプライドを傷つけないことが大切です。

ちょっとした言葉遣いにも注意が必要です。「そんなこともできないの?」「どうしてわからないの?」そんな些細な一言で、男性の自尊心は傷つくものです。彼氏に「馬鹿にされている!」と感じさせるようなことを言わないようにしましょう。逆に積極的に褒めるようにすれば、彼氏もプライドが満たされます。

また、とにかく男を立てるという振る舞いも大切。一緒にスポーツや趣味をしている時など、彼氏より上手にできそうなことも敢えてできないふりをしたり、知っていることも知らないふりをしたり・・。それだけで無意味な衝突が避けられますよ。

3.彼氏の心の変化に敏感になる

怒りやすい彼氏でも、「瞬間的に怒りが爆発する」というのはまれなケースです。怒るまでに機嫌がなんとなく悪くなったり、何かしら傾向があるはずです。

彼氏の怒りを避けるためには、日頃から気持ちの変化に敏感になることです。「なんだか無口になったけど、不機嫌なのかな?」そのように早い段階で気がついてフォローができれば、彼氏の怒りも未然に防げるはず。

また、怒りやすい彼氏は、その日の気分に感情が左右されることも多いです。「仕事で疲れている日は不機嫌になりやすいから、なるべく下手なことは言わないでおこう」など心得ておけば、喧嘩の回数も減りますよ。

4.とりあえず謝る&後日笑ってチクリ

もし彼氏が怒り出したら、とにかく下手に出て謝りましょう。たとえ彼氏が100%間違っていたとしても、反論すれば火に油を注ぐだけです。

「私は悪くないのに、なんで謝らないといけないの?」と思う時もあるかもしれません。それでも、すぐ怒る彼氏にはそんな正論は通じません。むしろ、下手に正論を言ってしまうと彼氏はもっと気分を損ねます。とにかく謝ることで、彼氏の気をまず鎮めることが大切です。

すぐ怒る彼氏と付き合っていくためには、譲れるところはとにかく譲ることが重要。後日冷静になったときに、「あれはないよ~」と笑って突っ込んであげれば、「少しやり過ぎたかな・・」と反省するはずです。

5.愛情&尊敬の気持ちを伝える

すぐ怒る彼氏は、日頃から不安や不満を抱いていることが多いです。「彼女は本当に自分のことが好きかな?」と不安のあまり、嫉妬深くなって怒り出したり。また、「自分のことをちゃんと見てくれない!」「気持ちをわかってくれない」という不満が高まるとイライラにも繋がります。

彼氏にそんな不安や不満を感じさせないためには、とにかく彼氏に愛情を伝えて尊敬することが大切。普段からたくさん愛情表現をしましょう。彼氏を褒めてあげることも大切ですね。「彼女は俺を大事にしてくれている」と思えれば、精神的にも安定してくるはずです。

子供だと思って対応

人の性格は簡単に変えられるものではありません。怒りっぽい彼氏に対しても、「そういう性格なんだから仕方ないんだ」と広い心で受け止めてあげましょう。そうすれば彼氏も安心して、少し気持ちが落ち着いてくるはずですよ。

興味がある方は、感情の起伏が激しい人の特徴&付き合い方9つ彼氏を癒したい女性必見!男性の癒し方10選も参考にしてみてください。

スポンサーリンク