「大好きな理系男子の彼と付き合うことができた!でも、何だかうまくいかない・・。彼が何を考えているかわからない・・。」そんな悩みを持っている女性は少なくありません。

また、理系男子の彼に片思いをしていたり、理系男子と結婚することを目標に婚活している方も、彼らが何を考えているのか知ることはとても大切なことです。

そこで今回は理系男子との上手な付き合い方を6つ紹介します。理解男子が何を考えているのか知って、上手に付き合っていきたい女性必見です。

スポンサーリンク

1.メールやラインの返信が遅くても怒らない

理系男子と付き合う上で絶対に考慮しなければならないのは、「理系男子は忙しいもの」だとだということ。研究が立て込んだり、レポートに追われたりしているのは日常茶飯事です。

社会人でも仕事内容によって残業が長引いたりとにかく忙しいです。そのため、メールやラインの返信が遅くなることは珍しくありません。それを自分への愛がないと考えてはいけません。好き嫌いは関係なく、単純に時間がないのです。

あまりにも返信を催促しすぎると、理系男子は「ちょっと自分の手には負えないな」「他の人と遊んでもらった方が、この人は幸せだろう」と考えてあなたから離れていく可能性があります。

「メールくらいすぐ返せるじゃない」と考えるのもやめましょう。彼はメールを返すなら適当な内容ではなく、ちゃんとある程度内容を考えてから返信したいの人なのかもしれません。

すぐに返信が欲しい場合は返信しやすく簡潔に短めの文章で送ることがコツです。忙しいときに中身のない内容への返信を強制していると、お前ウザい!LINEで嫌われるしつこい女の6つの事例に当てはまってしまいますよ。

2.自分の時間もしっかり持つ

理系男子は、自分だけでの時間を大切にするタイプが多いです。そのため、付き合う相手も自分の趣味や興味のあることをしっかり持っている女性の方が相性が良いです。

  • 「付き合ったら彼女が一番なんだから、自分の時間なんて必要ないでしょ」
  • 「休みの日なのにどうして会ってくれないの!」

このように考える女性とはうまくいきません。「趣味は趣味、彼女は彼女、研究は研究、どれも大切」と合理的に考えるのが理系男子なのです。

一人になる時間や他の仲間と過ごす時間も大切にしてほしいと考えられる人は、理系男子と上手く付き合えますよ。

3.時間=愛情の深さではないと心得る

理系男子は忙しいので他のカップルに比べて会える時間が少なくなりがちです。そうなると、付き合っている側の女性は「全然会えないし、私のことなんてどうでもいいんじゃないか?」と考えてしまいがちです。

このような女性に伝えたいことは、理系男子にとって会う時間の長さと愛情の深さとは必ずしも一致しないということです。

スポンサーリンク