「職場で気になる男性がいるけど避けられている気がする・・。もしかして嫌われている?それとも好きだから意識されているだけ?」

好き避けだと分かれば、積極的にアプローチして一気に交際まで発展するのに・・。もしかしたら、お互い悶々とした日々を送っているのかもしれません。

今回は職場で好き避けする男性の特徴を8つ紹介します。職場で気になる彼の本音を知りたい方必見です!

スポンサーリンク

1.飲み会で近くにいるけど喋りかけてこない

好きな人がいたら緊張して喋れないにしても、近くにいたいと思うのは当たり前ですよね。もしかしたら、話しかけられるかもしれないですから。そんな期待を胸に好き避けしている男性は、あなたの近くにいるかもしれません。

  • 近くにいれば他の人との会話に入ってきてくれるかも・・
  • 直接話しかけられるかも・・

このような期待を胸に待っているのです。もっとも、好きだと言う気持ちを悟られないように、そっけない態度でいることでしょう。それが相手に避けられていると勘違いされているとも知らずに・・。

好き避けするぐらいですから、当然あなたから話しかけないと接点のないまま飲み会は終了してしまうでしょう。好き避けかどうか分からず不安かもしれませんが、積極的に話しかけてみましょう。

もし好き避けなら、あなたから話しかけられた嬉しさがチラリと見えるはずです。すぐに会話から抜けることもないでしょう。もし本当に避けられているだけなら、すぐに話を終わらせようとするはずです。そもそも本当に嫌いなら、わざわざ近くに座りません。喋りかけてこないけど、近くにいる・・。これは職場の飲み会で好き避けする男性の特徴です。

2.喋ると硬いがメールは積極的

好き避けする男性はシャイで会話が得意ではありません。緊張している姿を見られることが恥ずかしいのでしょう。本人を目の前にして緊張してしまうと上手く会話できませんが、メールやLINEなら積極的になれます。

  • 比較的長文でメールにしっかり時間を掛けている
  • 最後に「?」をつけて返事が返ってくるようにしている
  • プライベートの話をする
  • 可愛いくてスタンプや面白いスタンプを気軽に使う

これらが当てはまれば恐らく好き避けで間違いありません。単純に直接話すのが恥ずかしいのでしょう。「毎回のことだけど・・。昨夜のやり取りはフレンドリーだったのに、何でこんなにそっけないんだろう?」と思ったら、好き避けで間違いありません。

一方、避けているだけならメールも事務的で短いものになります。メールがダメなら好き避けの可能性はほぼありません。避けられているので諦めましょう。

3.他の男性と親しくすると更に距離を取る

好き避けする男性はネガティブな事が多いです。あなたが他の男性と親しくしているのを見て、「自分なんてどうせダメに決まっている・・」なんて考えを持ってしまいます。すると自己防衛が働き、更に距離を置いて視界に入らないようにしてしまうのです。

スポンサーリンク