好きなタイプに『誠実な人』と答える女性はとても多いです。特に結婚ともなれば、誠実な人と一緒になりたいと思うのは当たり前のことでしょう。しかし、本当にこの人は誠実なのか・・と考えてしまうことも多いはずです。

誠実さはなかなか表面に見えるものではないので、見極めるのが困難です。そこで今回は本当に誠実な人の特徴と見分け方について紹介します。

スポンサーリンク

誠実な人の特徴5つ

まずは誠実な人とは、どういう人なのか?それを明確にするために、誠実な人の共通点を見ていきましょう。

1.謙虚な心を持っている

誠実な人の特徴は、謙虚であることです。謙虚な人とは、決して自分の考えや意見を持っていないわけではありません。自分の考えや意見を、常にきちんと持っています。また、それに対して自信がないわけでもありません。

自分の考えや意見を持った上で、人の意見を尊重できるのが謙虚な人なのです。自分の主張を押し通すことなく、周囲に気を配り、周囲の人を立てることができます。

また、どんなに自分の立場が上になろうと褒められようと、調子に乗ったり奢ることなく、自分という一つの筋を変えずに生きているのです。

周りに流されることなく、周りに気を遣うことができる。そして自分の意見を持ちながら、それを偉そうに主張しない。この謙虚な心こそが誠実な人の特徴なのです。

2.どんなことでもバカ正直

人は時には都合の良い嘘をつきます。嘘は良いことではないですが、自分を守るためにつく嘘や、人を守るためにつく嘘も存在するのです。しかし、誠実な人の中では嘘は嘘。誰かを守るためでも、嘘はついてはいけないものだと感じています。そのため、どんなことでも正直に話します。

正直すぎて周りからは「バカ正直」なんて呼ばれ方をしてしまうことがあるのも特徴の一つです。

  • 誰も気づかないような些細なミスでも、自分のミスとして上司に報告する。
  • 聞いてもいないのに、女性に食事に誘われたことを彼女に報告し謝罪する。
  • 口に合わなかった食事には、「美味しかった」とは絶対に言わない。

嘘や言い訳をどんな時でもせずに、常に真実のみを伝えようとする真面目なところが、まさに誠実な人といえるでしょう。

3.人のことを悪く言わない

人の悪いところを探すのは簡単なことです。見つけようと思えば、粗さがしはいくらでもできます。また嫌な思いをさせられた時には、その人の愚痴を誰かに言いたくなることも時にはあるでしょう。

しかし、誠実な人は人のことを悪く言いません。特に陰口を嫌うので、本人がいないところでその人のことを悪く言うようなことは絶対にしません。

スポンサーリンク