なんでも人のせいにしてしまう人っていますよね。自分のミスを認めたくないあまり、嘘を付いたりすることも・・。こんな厄介な人が近くにいて困っている。そんな人のために、今回は責任転嫁する人の心理と対処法を紹介します。

スポンサーリンク

責任転嫁する人の心理

なぜ、自分のミスを人になすりつけようとするのでしょうか?その心理を紹介します。

1.自分は悪くないと思っている

責任転嫁する人は、自分は悪くないと思っているのでしょう。そのため、周りがどんなに冷たい視線を送っていても気になりません。ただひたすら、「自分のせいではない」の主張を繰り返します。

もしくは、自分のミス自体は認めつつも、「これはできない自分に振った上司のミスだ!」「周りがカバーしてくれなかったからミスしたんだ!」などと結局責任をなすりつけようとします。

このように責任感が全くないのです。責任感がないのですから、ミスをしても自分で責任を感じることはありません。周りからすれば、「ああいえば、こういう」厄介な人なのです。

2.自分に自信がない

責任転嫁してしまうのは、自分に自信がないからかもしれません。社会人ともなれば、行動には常に責任が付いてまわります。しかし、自信がないと、その責任が重荷になってしまいます。

そのため、責任転嫁しているという感覚よりは、責任から逃れたい気持ちが強いのでしょう。このように責任感を持ちたくないため、ミスをしても自分で責任を取ろうとはしません。

責任がない仕事なんてないのに・・。こう思ってしまいますが、自分に自信がない人は、責任は全て他人に丸投げして、とにかく平穏に過ごしていたいのかもしれませんね。

3.怒られたくない

責任転嫁してしまうのは、怒られたくないからです。怒られるのが好きなんて人はいません。仕事関係、友人、家族・・。誰であっても怒られていい気分はしないですからね。

つまり、責任転嫁してしまうのは、怒られないように言い訳をしているのです。確かに怒られた時に、他の人のせいにしてしまえば、怒りの矛先をかわしやすいですからね。

結局、後で誰が悪いのかは判明してきますので、あまり賢明な方法とは言えません。しかし、一時しのぎでも怒られたくない。その思いが強いため、責任転嫁してしまうのでしょう。

4.他人の評価を気にしすぎる

責任転嫁してしまうのは、他人の評価を気にしすぎてしまうからです。人を評価するのに、ミスは一番分かりやすいもの。当然、ミスをしたと思われるよりは、思われない方がいいに決まっています。

そのため、自分のミスを人になすりつけることで、マイナスの評価を消そうとします。もっとも、評価というものは、ミスしたことよりも、その後の対応の方がより重要です。

スポンサーリンク