自分の容姿に自信がないと、彼氏がいても不安なことだらけですよね。だからと言って、自分がブスだと嘆いていても始まりません。彼にもっと愛される彼女になるには、どうすればいいのか?前向きに考えていくことが大切です。

そこで今回は別れたいと思わせないブス彼女の魅力をいくつか紹介します。自分の容姿に自信のない女性必見です!

スポンサーリンク

1.素直に顔がタイプ

自分の容姿に自信がないからといって、彼氏もそう思っているとは限りません。好きなタイプは人によって違います。彼氏にとっては、「すごい好みの女性」「理想的な顔立ち」なのかもしれないのです。

みんながカッコイイと言う有名人が理解できないことはありませんか?逆に、みんながブサイクだと言う有名人に対して、「みんなが言うほどブサイクかな?わたし結構好きなんだけどな~」なんてことはあるはずです。

このように、人の好みは千差万別!自分のことをブスだと思っても別に構いませんが、だからといって、彼氏もあなたのことをブスだと思っているとは限らないのです。

せっかく付き合っているのですから、「彼のタイプに生まれてよかった!」と素直に喜びましょう。

2.愛嬌がある

愛嬌は容姿とは別物です。自分の容姿に自信がなくても、愛嬌がないわけではありません。むしろ、美人になるほど、愛嬌はなくなりがち!ツンツンしていて、近寄りがたい印象があるのはこのためです。

一方、愛嬌があると、ちょっとしたことでも笑ってくれる印象があります。そんな愛嬌のある彼女は、彼氏にとって、「愛くるしい」「一緒にいると楽しい」存在なのです。ペットでもムスっとしている動物より、愛くるしいペットの方が愛着が湧きますからね。

「男は度胸、女は愛嬌」とはよく聞く言葉です。このことからも分かる通り、重要なのは容姿ではなく愛嬌!自分の容姿に自信がなくても、愛嬌でそれを補うことができます。笑顔を心がけて愛嬌のある女性を目指しましょう。

3.性格がよく優しい

どんなに美人でも性格が悪いと長続きしません。結局は顔ではなく性格が重要なのです。そのため、自分の容姿に自信がなくても、性格には自信があるのなら、それだけで長続きする理由になります。

もちろん、付き合う前は性格がよく分からないので、性格の悪い美人の方が圧倒的に有利です。しかし、付き合っているのなら、容姿は関係ありません。むしろ、美人ではないけれど、性格がよく優しい彼女の方が有利なのです。

このように付き合ってしまえば、容姿など関係ありません。あなたは彼の容姿だけが好きなのですか?そうではありませんよね。ならば、自分の容姿に自信がなくて不安に思うよりも、性格のよさをアピールする方が得策ですよ。

4.距離感が上手い

恋愛は相手との距離感を上手く保たないといけません。これが中々難しいもので、依存や束縛はもちろんダメ!かと言って、放置や無関心が行き過ぎても彼の心は離れていきます。自分の容姿に自信がない人は、この距離感が絶妙です。

好きすぎると相手の気持ちよりも、自分の気持ちを優先してしまいます。その結果、「めんどくさい女」「重い女」と思われてしまうのです。しかし、自分の容姿に自信がない人は、不安な気持ちから、「相手はどう思っているのだろう・・」とブレーキを踏むことができるのです。

スポンサーリンク