「いつも一緒にいたい!」と頻繁に会いに来てくれて、何かあると「他の男に君をとられたくない!」と嫉妬してくる。ある意味、深く愛されているようにも思えますよね。

だけどそれが行きすぎて、彼女に依存している・・こんな男性は厄介なものです。今回はそんな彼女に依存する男の恋愛の特徴と、上手な付き合い方を紹介します。依存気質な彼氏に困っている女性は必見です!

スポンサーリンク

彼女に依存する男の恋愛の特徴4つ

彼女に依存してくる男は、どうして依存体質なのでしょうか?その特徴を一緒に見ていきましょう。

1.恋愛以外に楽しめることがない

なぜ男性が彼女にばかり依存してしまうのか?それはずばり、恋愛以外に楽しめることがないからです。働くのが嫌いで仕事もなるべくしたくない。友達もいないから誰にも誘われないし、打ち込める趣味もない。そんな男性が、彼女に依存しがちです。

つまり自分の人生があまりにもつまらないから、彼女にべったりになってしまうんですね。だけど、こういう男性は人間的に深みがなく、一緒にいても面白みがありません。もちろん仕事でも出世が見込めません。

彼女にばかり依存する男性は、人生が充実していなくて、割と小さな人間だと言えます。それを覚悟して一緒にいた方がよさそうですね。

2.家庭環境に問題あり

彼女に依存する男性は、人間関係に大きな不安を抱いています。「彼女からの愛情が信じられない」「すぐ彼女に捨てられてしまうんじゃないか」常にそんな心配をしているので、彼女を束縛してしまうのです。

これは生まれ育った家庭環境の影響が大きいです。例えば、家庭が荒れていて、両親が離婚していたり、母親から愛情を感じてこなかったり・・。

「僕はお母さんに捨てられた」「親に愛してもらえていない」こういう子供の頃の不満が、大人になっても人間関係に表れてしまうのです。

彼女に依存する男性は、家庭の中で感じた愛情不足を、彼女に満たして欲しいのかもしれません。

3.束縛が愛だと勘違いしている

彼女に依存する男性は、相手を束縛してしまったり、何かと問題が多いです。だけどその束縛を、「君を愛しているからだ」と正当化したがります。束縛して相手を苦しめているのに、「愛しているのにわかってくれない彼女が悪い」と考えてしまうんですね。

こういう男性は、かなり視野が狭くなっています。毎日彼女のことしか考えていないから、冷静にものを考えられない。彼女と接する時も、相手のことを思うというよりは、自分の気持ちを押しつけるのでいっぱいいっぱい・・。

こんな男性は、思い込みが激しい傾向があります。ですので、彼女が「依存するのはやめて!」「束縛されたくない!」と言っても無駄です。「どうして、こんなに愛しているのに拒否するんだ!」と逆ギレするだけなのです。

4.嫉妬深い

彼女に依存する男性は、常に心配をしています。「彼女が自分の元を去ってしまうんじゃないか?」「また1人になってしまうんじゃないか?」などなど。そんな不安な気持ちは、時に嫉妬になって表れます。

スポンサーリンク