「好みの男性は?」と聞かれて、「優しい男の人がいい!」と答える女性は多いです。それくらい優しい男性は、女性にとって理想的なのです。

いくらイケメンでも、全然優しくない男なんて無理ですよね。だけど、優しければ優しいほどいいというわけではありません。実際に、優しすぎる彼氏にイライラしている女性も多いのです。

そこで今回は優しすぎる彼氏あるあるを紹介します。あなたは何個共感できますか?

スポンサーリンク

1.ピンチの時は頼りにならない

優しすぎる彼氏、もしかしたら優しいのではなく、精神的に弱いだけなのかもしれません。「普段は優しいけれど、ピンチの時にはまったく頼りにならなかった!」なんていう男性も少なくありません。

例えば、街で強面の酔っ払いに絡まれた時、彼女だけ置いてさっさと逃げてしまったり。海外旅行先でトラブルになった時、彼女の陰に隠れて見ているだけだったり。こんなの男らしくないですよね。

優しくあるためには、ある程度の心の強さが必要です。そんな強さがない男性は、いざという時に大切な彼女を見捨てて、自分だけ助かろうとするでしょう。

2.彼女以外の女性にも優しくする

彼氏が自分にだけ特別優しくしてくれる。そういう時、とても愛情を感じて嬉しくなりますよね。だけど優しすぎる男性の場合、残念ながら女性みんなに優しいことが多いです。

誰にでも優しくできるのは、悪いことではありません。だけど優しすぎる男性の場合、他人との距離感が妙に近いことも多いのです。女性に親身になりすぎて誤解されたり、そのせいで彼女をヤキモキさせたり・・。

普通の男性なら、「この子は彼女じゃないから」とある程度距離を置くこともできます。だけど優しすぎる男性は基本お人好しなので、女性から頼られたら邪険にできないのです。その結果、自分の彼女が嫌な思いをしたとしても、自分の性格を直すことができません。

3.優柔不断で決断力がない

優しいように見えて、実は優柔不断なだけ・・。そんな、優しすぎる男性も多いです。

レストランで食事をする時も、「どれにしようかな」と迷ってもいつまでも決められない。彼女との結婚も、勇気が出なくて踏み出せず、いつまでもプロポーズしてこない・・。こんな彼氏では、将来が心配ですよね。

たとえ優柔不断な彼氏でも、あなた自身が彼氏を引っ張っていくタイプならお似合いなのかもしれません。だけど、彼氏に男らしさを求めるなら、優しすぎる彼氏では不満が溜まってしまうかもしれませんね。

4.デートはいつも彼女まかせ

決断力がなくて男らしさに欠ける、優しすぎる彼氏。その性格は、デートの仕方にも表れます。優しすぎる男性は、デートでぐいぐいリードして、彼女を引っ張っていくことがありません。

「どこに行きたい?」と聞かれても、「○○ちゃんの行きたいところでいいよ」と答える。彼女がデートの計画を立ててくれても、とりあえず後からついていくだけ。もちろん、自分からプランを立てることなんて滅多にない・・。

スポンサーリンク