何か怪しい兆候があるわけではないけど、どうしよもなく旦那が浮気するのではないかと不安になる時があります。長い結婚生活の中で、そんな心のざわざわが最初にやってくるのが里帰り出産前です。

里帰り出産という短い期間ですが、一瞬でも旦那は独身の頃のように自由になれるわけです。普通の男なら羽を伸ばさないわけがありません。問題はどこまで羽目を外すかどうか・・。

そんな不安で心がざわついている奥様のために、今回は妻の里帰り出産中に旦那が浮気する理由を紹介します。また、そんな旦那への適切な抑止方法も併せて解説しますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

男は間違いなく羽を伸ばす

最初に断言しておきます。度合いは違えど、男性は妻の里帰り中に間違いなく羽を伸ばします。これを止めることはできません。もし、どうしても嫌なら実家に帰るのは諦めてください。

男性は女性よりも結婚目前でプレッシャーを感じます。そのプレッシャーの中、ようやく一息つけるのが妻の里帰り出産というわけです。

ほんの短い期間ではありませが、独身の頃のように一人で自由に生活できます。酔っ払って夜中に帰ってこようが、休日に昼まで寝ていて夕方までダラダラしていようが怒られることはありません。羽を伸ばすなという方が無理な話です。

本能orブレーキが壊れるorクズ

家でダラダラしようが、男友達と飲みに行こうが関係ありません。問題なのは浮気をされるかどうかですよね?それでは、妻の里帰り出産中に男性が浮気をしてしまうケースを紹介します。代表的なものは3つです。

  • 本能が理性を超えるケース
  • ブレーキが壊れるケース
  • 真正のクズ

根っからのプレイボーイで結婚後も不倫しまくるつもりのクズ男も少なからずいます。こんな男を選んだ時点でどうにもなります。今回だけでなく、一生苦労させられるでしょう。

ただ、自分の子供がもうすぐ生まれるのに、浮気を進んでしようとする男なんてそうそういません。彼らだって人の子なのです。実際の浮気の理由は、しばらく夜の営みがなく監視が緩む状態で本能が理性を超えるケースか、男友達と遊んでいて勢いで羽目を外し過ぎるケースのどちらかです。

ある程度のガス抜きは必要

2つの代表的なケースさえ気を付ければ旦那が浮気をすることはありません。だからと言って、ガチガチに監視しても逆効果。彼らも人間です。ある程度のガス抜きは必要なのです。

問題なのは、浮気をしないように上手にガス抜きさせること。それすら許さず口うるさくなれば、高い確率で旦那は無茶なギャンブル(不倫)に踏み切ることでしょう。人間は逃げ場がなくなれば、大きなリスクをとるようになることを覚えておきましょう。

事前にレッドラインを設定する

旦那に上手にガス抜きさせるにはどうしたらいいのか?まずは、あなたの中でここまでなら許すというレッドラインを明確にしましょう。

スポンサーリンク