一般的に男性は、女性と比べて結婚に二の足を踏みがちです。そのため、結婚を焦る彼女と躊躇する彼氏なんてカップルは非常に多いです。

いくら決断が遅れても、最終的に結婚してくれれば救われますが、煮え切らない態度を続けて最終的にフラれたら立ち直れませんよね・・。考えただけで恐ろしいです。

そんな優柔不断な男にイライラしている女性が意外と知らないことがあります。それは男性は付き合って比較的短い期間で、彼女のことを結婚相手としてアリかどうか判断している事実です。信じられないかもしれませんが本当の話です。

今回はそんな女性が理解していない男心について詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

結婚そのものを躊躇しているわけではない

男性は漠然と結婚そのものを躊躇しているわけではありません。女性から見たら同じように結婚を嫌がっているように見えますが、人それぞれ結婚を拒む理由は違います。

例えば、結婚したら独身のように自由に時間が使えなくなることを懸念したり、小遣い制になって好きなものが買えなくなったり、「私の彼氏もそうだろうな・・」なんてもっともらしい理由がすぐに思い浮かぶはずです。

ただ、これらの理由で結婚を拒んでいる場合は、それほど深刻ではありません。ある時期がきたら、男性も決断してくれるはずです。その理由は、彼らは彼女を結婚相手としてアリだと認識しているからです。

「いつかは結婚したい。でも、自由がなくなるのが嫌だから、もう少しだけ独身を謳歌したい・・」と思っています。そもそも、彼女のことを結婚相手としてアリだと思っているからこそ、このような具体的な理由から結婚に二の足を踏むのです。では、深刻な理由とは何なのでしょうか?

原因を分析すれば無駄な時間を使わずに済む

結婚に二の足の踏む理由の中で深刻なものは、結婚タイプではなく彼女タイプだと思われていることです。「可愛いし、一緒にいて楽しいけど結婚相手としては・・」なんて思われているのなら、あなたがどれだけ頑張ってもプロポーズしてくれることはないでしょう。だって、そもそも結婚する気がないのですから・・。

残酷なことに、男性は結婚相手としてナシだと判断しても、彼女には絶対に言いません。取りあえず付き合いを続けていき、もっと良さそうな女性が現れたら淡々と乗り換えます。

これが結婚相手としてアリだと思っている彼女との扱いの違いです。最終的に結婚を考えられる相手なら、男性は手放しませんからね。自分が納得いくタイミングをちゃんと待っています。

ここまでの説明で分かる通り、彼氏がどうして結婚に二の足を踏むのか?その原因をちゃんと分析すれば、無駄な時間を使わずに済みますよ。

付き合って3か月ぐらいで判断している!?

男性はどのタイミングで、結婚相手としてアリ・ナシを判断しているのでしょうか?これは冒頭でも紹介したように、女性が考えている以上に早いタイミングで見極めている傾向があります。もちろん、人によって違うでしょうが、だいたい3か月程度で切り捨てをしているはずです。

  • どうせ結婚しないし、向こうの家族に会う必要はない
  • これ以上友達と仲が良くなると別れた後面倒だな・・
  • 美人だけど、生活習慣が合わないし今だけだな・・

このように比較的短い期間で結婚相手としてナシだという烙印を押します。そして、その後の彼女に対する態度も当然変わってきます。

スポンサーリンク