恋人と付き合っている以上、付いてまわるのが別れです。しかし、そんなことは分かっていても、実際にそうなってしまうと、簡単に切り替えられるものではありません。特に振られた場合なら、失恋のショックから立ち直れないなんてことも・・。

そこで今回は失恋のショックから立ち直る方法を紹介します。

スポンサーリンク

1.思い出の物を処分する

大好きだった彼に振られてしまったら、どうしても付き合っていた時のことを思い出してしまいますよね。しかし、それではいつまで経っても失恋のショックからは立ち直ることはできません。まずは、彼との思い出の物を処分するといいでしょう。

ショックを受けるということは未練があるということです。写真や貰ったプレゼントを見てしまっては、楽しかった思い出が蘇ってしまい余計辛くなってしまいます。

そうならないために、物はもちろん、写真などスマホに残っているものも消してください。また、SNSで繋がっていると、ついつい気になって彼の動向をチェックしてしまうことがあります。立ち直れないなら、そういった関係も絶たなくてはいけませんよ。

2.泣いてスッキリ

泣いて泣いて泣きまくる・・。失恋のショックから立ち直るには、こんな方法も一つの手です。泣いている時は悲しい気持ちになってしまいますが、泣き終わったらスッキリしますからね。

ただ、振られただけに泣いてしまうと、「負けた感が出るから泣きたくない!」という女性も・・。それでは、いつまで経ってもモヤモヤした気持ちが残ってしまいます。無理に泣く必要はありませんが、我慢はしないでくださいね。

3.趣味に没頭する

失恋のショックから立ち直るのに、趣味に没頭してみるのもいいかもしれません。いくら彼に未練があっても、趣味に没頭している時間ぐらいは忘れられるはずです。

もっとも、彼のことを思い出さなければいいだけのことですから、趣味にこだわる必要はありません。資格の勉強やビジネス書を読むなど、自分を高めるための時間に使うのもいいでしょう。

4.一人にならないように友達と遊ぶ

失恋してしまうと、ショックすぎて「何にもやりたくない」「誰にも会いたくない」なんてことはあります。しかし、失恋のショックから立ち直るには、一人でいてはいけません。

一人でいると時間を持て余してしまうので、「あの時こうしていたら・・」など余計なことばかり考えてしまうのは目に見えています。一方、友達と遊んでいれば、例え乗り気ではないとしても、なんだかんだ楽しいことはあるはずです。

もちろん、友達と遊んでいても気が乗らない時はあるでしょう。しかし、そんな時は相談に乗ってもらえばいいだけです。部屋で無言で過ごすより、誰かに話を聞いてもらった方がきっとスッキリしますよ。

5.旅行に行く

失恋のショックから立ち直るのにも、何かきっかけがないとそう簡単にはいきません。そこで、きっかけを掴むために、旅行に行ってみるのはどうでしょう。ある意味、自分への慰安旅行をするのです。

スポンサーリンク