付き合ってすぐはまだしも、ある程度経ってきたら、「彼氏とペアリングをつけたい」と思うことってありますよね?しかし、このペアリングに対する男性の評価はあまり良くはありません。

確かに女性がペアリングをつけたいと思っても、男性が嫌がってしまうことはよくあります。中にはそれがきっかけで喧嘩になってしまうこともあるぐらいです。

「なんで男性はペアリングをつけたがらないのだろう?」と疑問に思っている女性は多いのではないでしょうか?そこで今回は彼氏がペアリングをつけない理由を紹介します。

スポンサーリンク

男性にはアクセサリーをつけない派が多く存在する

彼氏がペアリングをつけない理由には、まずはこれが挙げられます。確かに男性でアクセサリーをつけている人は多くありません。結婚している男性ですらつけていないこともあるぐらいです。

そんな男性は、せいぜい腕時計をするぐらいです。また、アクセサリー全般に対してつけることに慣れておらず、ペアリングは指についている異物でしかないと感じています。

もちろん、女性としては、「ペアリングぐらい・・」と思ってしまいますが、つけない派の男性にとっては、「ペアリングですら」というのが本音なのでしょう。

このように、男性と女性とではアクセサリーに対する考え方が違います。ペアリングをつけて、いつでも繋がっているような感覚を味わいたいのは分かりますが、自分の気持ちばかり押し付けないように注意してください。

指輪に対して特別な感情がない

女性なら誰でも、指輪に対して特別な感情を持っていますよね?しかし、男性にはそんな感情はありません。「指輪をつけたからといって何か変わるの?」というのが本音なのです。

何ともロマンのない話ですが、これは仕方がありません。車など男性が興味を持つものに対して、何とも思わないことってありますよね?それと同じことなのです。

しかも、ペアリングの場合、自分が興味があろうとなかろうとつけることが義務付けられてしまいます。「自分に影響がなければ好きにしていいよ」というわけにはいかないのです。

このように、興味がないのなら、わざわざお金を出してまでつけたくないのも納得です。「彼もペアリングがつけたいはず」とはくれぐれも思わないようにしてください。

つけたり外したりが面倒

彼氏がペアリングをつけないのには、こんな理由もあります。ペアリングは常につけていて欲しいですが、一緒にいる時につけてくれていれば特に問題ありませんよね?

もちろん、彼氏もそんなことは分かっています。しかし、つけたり外したりが面倒なことや、一度つけるとつけていない時に文句を言われそうという心配があるため、「だったら常につけないでおこう」という考えに至るのです。

また、ペアリングは小さくてなくしやすいものなので、つけたり外したりしていては、「そのうちなくしそう」という思いもあるのでしょう。確かに、ペアリングどころか大切な結婚指輪ですらなくす男性がいるぐらいですから、そう思っても不思議ではありません。

スポンサーリンク