婚活で出会ったお相手。初デートのあとに、「これからも、お友達としてよろしくお願いします!」と言われたら、あなたはこの「お友達」という言葉をどう受け止めますか?

「やったー!決まった!」と大喜びしていいのか。「なーんだ。お友達か。恋人じゃないのね」と、がっかりして「脈なし」として諦めるべきか。

「お友達」という、この一見好意的で、裏を返せばとても残酷な単語。今回は、婚活シーンにおける「お友達」の意味を掘り下げて考えてみましょう。

 

「お友達として」は、結婚へ繋がる第一歩じゃないの??

どんなふうにも捉えられる「お友達」という便利な言葉。実は、一般的な傾向として、婚活シーンでは、女性が男性を「お友達」というときは、大抵「恋人になることはありません」、つまり「お友達止まり」という脈なしのサイン。

そして男性の場合は、「恋人へのワンステップ」、つまり「お友達からのスタート」という脈ありのサインと言われているのです。男女でここまで意味合いが異なるなんて、お互いに戸惑ってしまいそうですよね。

もちろん、この逆のパターンも存在します。「お友達として、とは?」というマニュアルと回答はどこにも存在しないので、その意味をじっくり考えることが、男性女性共に重要になってきます。

気になる異性に「お友達として」と言われたときの逆転法は?

「お友達としてよろしく」が、「お友達どまり」のサインであったとしても、巻き返しのチャンスは十分にあります!なぜなら少なくとも「もう二度と会いたくない」と拒絶されたわけではないのですから。

あなたがお友達ではなく恋人関係を望んでいたとしても、ここは凹まず明るく「はい!お友達として仲良くしてください!」とそのまま受けとりましょう。

婚活シーンでは、結婚相手となりうるか・否か、という2つの選択肢しかない場合が殆ど。貴重な「お友達関係が築けてラッキー!」とポジティブに捉えましょう。そして結婚候補相手という意識をいったんキッチリ捨てます。

言葉通り「お友達として」、気楽に話し、気取ったデートも必要なく、自然体でいられるように心がけてみましょう。友達が発展して恋愛・結婚に至るパターンは、実は理想中の理想。「友達」という段階を経ることで、真の幸せをゲットすることができるかもしれません。

「お友達として」の意味を、相手が理解してくれない場合

前章とは逆のパターンです。「いい人だけど結婚相手とは違うな」と思って、「お友達としてのおつきあいであれば」の意で相手に告げたら、相手はオッケーのサインと思って舞い上がってしまった場合です。

相手はすっかり恋人気分。将来の話を次々に話題にするようになると、さすがにこれ以上、相手を惑わせるのは気の毒です。「あくまでも友達!!」という姿勢を強固に貫きましょう。

そして前章の逆パターンの場合と同じく、婚活中に異性の友達ができてラッキーだと、ポジティブに捉えましょう。

「○○くんって、本当に信頼できる友達だと思ってるから言えるんだけど…」「○○ってほんといい奴だよな。絶対いい男が寄ってくるよ」など、会話の端々に、「自分は友達」というニュアンスを強く込めたフレーズを入れてください。

RECOMMEND PR