彼女から別れを告げられたときに、そのまま別れないようにしたいと彼氏は考えます。とくに、何の問題もなくやってこられたのに、急に別れを告げられては、彼氏は納得いきません。

彼女からしっかりと別れる理由が聞きたいと思う彼氏もいますし、別れたくないと思う彼氏もいます。どのような引き止め方をすれば、彼女との別れを止めることができるのでしょうか?

別れを切り出されてから、彼女に理由を聞いても答えてくれないこともあるので、素直に聞いても答えがわからないこともあります。今回はそんな別れようとする彼女の引き止め方をご紹介していきます。

1.ひたすら連絡するのはNG

彼女から別れようと連絡があったときに、ひたすら連絡する男性がいます。しかしこの行動は彼女との別れを進行させる原因になりかねません。

彼女から別れを切り出すとき、多くの場合は、彼氏の何かが気に入らないことがあるときです。日頃から気になっていたことが、日に日に積もっていき、知らないうちに彼女の中で爆発して、別れ話をしている可能性があります。

その場合、彼女は別れることよりも、一旦距離を置くための整理期間を設けようとしています。

そんなときに、彼氏からひたすら連絡がくると、ただでさえイライラしているのに、余計イライラしてしまい、整理期間を飛ばして、そのまま別れてしまいます。そのため、別れ話が出たときは、できるだけ連絡数を減らして、お互いを見直す期間を作りましょう。

2.自分に非があるときは素直に謝る

別れる原因が自分にある場合は、彼女に直接謝ることで、彼女との別れを引き止めることができるかもしれません。

謝るときに、逆説は一切入れず、自分に非があることを全面に認め、彼女の主張が正しいことを認めましょう。

素直に謝ることで、その誠意が彼女に伝わり、別れを止めることができます。非を認めて、しっかりと謝罪をした後は、いくつか彼女と決め事をしましょう。

今後同じようなことが起きないために、お互いが決め事を出し合い、お互いの関係をより良いものにする決め事をして、別れ話が出ないような努力をしましょう。

3.彼女の不満を聞けるだけ聞いてみる

彼氏への不満が積もりに積もって、別れ話をしている彼女もいるので、一度自分への愚痴を聞けるだけ聞き出してみましょう。

いつも不満や文句を言わずに、一緒にいてくれる彼女は特に溜めやすいので、その不満や文句をこのタイミングで聞いてあげることが、彼女を引き止めることに繋がります。

彼女が今まで言えなかったことを、1つずつ聞くことで、彼氏も彼女がどんなことに不満を持っていたか、気づくこともできますし、彼女の本音も一緒に聞くことができます。