自分が別れの原因を作ってしまい、元彼に振られてしまった…。もう復縁なんて無理だろうな…と思っている女性のために、一言言っておきます。まだあきらめるのは早いですよ!

今回は復縁したければ自分の悪かったことを反省して元彼に伝えることの重要性について解説していきます。

スポンサーリンク

原因が分かっているケースは復縁しやすい!?

どうして振られたのか明々白々だと、復縁なんて無理だろうな~と思ってしまいがちです。しかし、現実は全く逆!別れの原因が分かっているということは、その問題を解決すれば復縁する障害はなくなります。

復縁するのに一番厄介なのが、特に理由もなく何となく嫌だから…という生理的なものです。こちらは頭でイイ女だと思ったり、付き合っていた方が得だと思っていても、体が受け付けません。

この特に理由はないけど何となく嫌を覆すのは正直無理です。そうじゃない…要するに自分の悪かった部分を改善して、反省の気持ちを伝える=二人の障害がなくなったことを伝えることができれば、二人の関係は劇的に改善されますよ。

変なプライドは捨てること

元彼には悪いことをしたな、振られても仕方がない、なんてことがあっても、心の底から全面的に悪かったですとはならないのが人間です。

一般的には悪いと思われる立場にも、その人なりの言い分があります。悪いのは分かっているけど、納得いかない部分もある…それが普通です。

こうなると、変なプライドが邪魔をして心から謝罪できません。まぁ、本当の意味で反省なんてしていないのだから当然ですね。そんな元カノを見て復縁を受け入れようなんて思う男性も当然いません。

本気で復縁したいなら、変なプライドは捨ててください。そのうえで、自分の悪かった部分を冷静に見つめ直してみましょう。

冷静になれば解決策は意外と簡単

変なプライドや納得いかないモヤモヤがなくなれば、自分のことが客観的に見えてきます。ここまでこれば「元彼が嫌がるのも無理ないな…」「何度も指摘されてたけど軽く考えすぎてた。あの時直していれば…」と余裕をもって考えられるはずです。

二人を阻む障害をどうやってなくすか?それをどうやって彼氏に伝えるか?復縁までの道のりがだんだん見えてきたのではないですか?

復縁しない理由をなくす

自分の何が悪かったか?その問題を解決できたかor今後問題が起こらないか?自問自答してください。すでに振られた原因を克服することができていれば、反省して彼に素直に伝えてみましょう。

元彼にとっては、○○という明確な原因があるから振りました。復縁するのを拒むのも○○があるからです。しかし、その○○はすでに問題解決済みなら、元彼はあなたと復縁しない理由がなくなります。

このようなロジックは復縁する際に重要になってきます。片思いから相手を落とすには「付き合う理由」をいくつも増やさなければいけません。これが好きという気持ちに繋がります。

スポンサーリンク