あなたが浮気をしてしまったことを知っているはずなのに、彼氏が何も言わない場合、あなたはきっと大きな不安を感じるでしょう。

彼氏は何を考えているのだろうか?という疑問で頭がいっぱいになってしまいますよね。普通なら絶対に責められるはずなのに、彼氏が何も言ってこないと逆に心配になってしまうものです。

今回は、あなたの浮気に気づいているのにもかかわらず、何も言ってこない彼氏の心理について紹介します。無言であることの裏にどんな気持ちが隠されているのかを理解し、次に彼氏に対してとる行動のヒントとしましょう。

スポンサーリンク

自分も浮気をしている

彼氏があなたの浮気に何も言わない場合、はじめに考えられるのが、彼氏も浮気をしている場合です。そのため、あなたの浮気を責めることができなくなっているのです。

もちろん、その心理の裏には、自分の浮気のことをあなたに言われたくないというものが隠されています。

また浮気相手と過ごす時間が楽しいため、あなたのことがどうでも良くなっている場合もあります。その場合ですと、何も言わない態度が続き、突然に別れを切り出されるかもしれません。

自分が浮気をしておいてなんですが、彼氏があなたの浮気に何も言わない場合は、彼氏の浮気を疑う必要があります。

あなたに諦めている

彼氏が何も言ってこない場合、あなたは浮気を何度も繰り返しているということはありませんか?

この場合、初めてのあなたの浮気の際に彼氏が怒りを露わにしているのであれば、今の彼氏はあなたに失望し、諦めているのかもしれません。

もう何を言っても無駄だと感じており、機を見て別れ話をする場合もあります。

通常、恋人に浮気をされることは非常につらいものです。それにもかかわらず、彼氏が何も言わないのであれば、彼氏としてはもう何を言っても無駄だと諦めていることが少なくありません。

次の相手を探している

また彼氏がすでに次の相手を探し始めていることが原因で、あなたに対して何も言わないことも考えられます。

つまり、あなたはもうキープしているだけであり、次の自手が見つかったらそっちに素早く乗り換えようと考えているのです。

そうであるならば、わざわざキープの相手と喧嘩をしてエネルギーを使うようなことはしません。てきとうに関係を続けて、素敵な相手との出会いを探すわけです。

スポンサーリンク