今の時代、友達のみならず、カップルであってもLINEでのやり取りは必至です。殺伐としたメールだけでのやり取りではなく、よりカジュアルに気持ちを伝えることができる、LINEの存在は本当に大きい時代となりました。

さて、そんなLINEなのですが、大好きな彼女をドキドキ、キュンキュンさせたいとは思いませんか?今回、彼女をドキドキ・キュンキュンさせるLINEの4つの送信・返信方法を紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。

 

カップルらしいデート先へ誘う

女性はいつまで経ってもロマンティックな生き物です。いつだって、憧れは彼から突然のカップルっぽいお誘いは嬉しいと思ってしまいます。

例えば、ディズニーランドに行きたいとか、今話題のお店に行きたいとか、インスタ映えする場所に敢えて行ってみたいなど、彼に言ったら引かれるかな…と思うような場所を急にLINEで誘うのです。

彼女は、当然ですがビックリしながらも、エ!?いいの!?と、心がドキドキしてしまうはずです。良い意味でのサプライズができる彼氏は、確実にモテ彼氏の鏡でしょう。

男らしい返信

女性の心を掴むテクニックのひとつとして、俺が守ってあげる、というような内容の言葉はやはり嬉しいようです。

例えば、辛いことがあったとか、会社や学校で面倒くさいことがあったなど、そういった愚痴的なLINEが届いた時に、「それは、メンタルを鍛えないとね」とか「まあ、社会はそういったものだ」など、厳しい言葉を投げかけてはいけません。

女性がキュンとなるのは、「ほかの人はいろいろと言うかもしれない。だけれども、お前の味方はずっと俺だけだから、心配するな」というような、男らしい一言があると、俄然元気が出てくるものなのです。

そのため、LINEのやり取りで疲れていて傷ついている、というような旨のメッセージが届いたら、「大丈夫。俺がいるじゃん?いつだって、○○の味方だから」と、言ってあげてください。これだけで、かなり彼女が心がキュンとするはずです。

たまには寂しさを出す

普段から、甘えん坊で寂しい、寂しいとLINEで伝えるのはいけません。やはり、普段は彼女をドキドキ・キュンキュンさせるLINEの4つの送信・返信方法

男らしいのにも関わらず、急に寂しさを出す、というところが彼女をキュンとさせるポイントになります。例えば、LINEで普段は彼女をフォローしてあげる強い男を演じていながらも、1週間に1度くらい、いきなり「ごめん。なんか、○○のことを考えていたら寂しくなってきた。会いたい」と、送ってあげてください。そして、返信があった時に、「うわ!思わずバカなことを…聞かなかったことに…」など、照れるという二段階で攻めてみるのもありでしょう。

ポイントは、寂しくなった時に真っ先に彼女のことを思い出してしまった、というところです。それがしっかりと伝わり、さらには恥ずかしがっている。そういったところで、ポイントを稼げば、彼女もアナタにメロメロになってしまうはずです。

君とだったら構わない

さて、女性は特別感を求めます。例えば、誰にでも優しい男性というのは、一見よくできた人間に見えますが、彼女という立場になると話は別になってきます。

それなりの言葉をかけてくれたとしても、「どうせ、他の女にも言っているんでしょ?」と、言われて終了です。