これから寝ようかなと思っているとき、仕事で疲れて帰宅し缶ビールを飲んでいるとき、彼女から電話がかかってくることはよくありますよね。今、ちょうどテレビでいいとこなんだけど、と面倒になってしまいませんか?

特別な用事があるわけでも、大事なお知らせがあるわけでもないのに、電話してくる彼女。男性は「なんで?」「今じゃなくてもいいじゃん」となってしまいますね。

女性は夜になると電話したくなってしまうもの。この心理って、男性には理解できないことかもしれませんね。

そこで今回は、男性にはわからない「夜になると電話したい女性の6つの心理」をご紹介します!これを読めば、彼女が電話してくる気持ちがわかるはずです!

 

1.一人になると無性に寂しくなる

もし彼女が一人暮らしなら、夜一人ぼっちで家にいることを想像してみてください。どんなに友達がたくさんいても、会社で大勢の人に囲まれていても、家に帰れば一人ぼっち。あなたが一人暮らしならば、その寂しさ、虚しさは理解できるのではないでしょうか。

テレビをつけていても、音楽を聴いていても一人。寂しくなって当たり前。そんなとき、大好きなあなたの声を聞いて、寂しい気持ちを紛らわしたいから、電話をしてしまうのです。

一人でいると、人恋しくなったり、誰かと話したくなってしまうのは、人間なら誰でもあること。そんな彼女の気持ちを受け止めて、たわいのない会話をすることも、大事なコミュニケーション。

電話で寂しさが紛らわせられるなら、彼女に対する優しさだと思って、電話に付き合ってあげてはいかがでしょうか

2.好きな人の声が聞きたい

外で嫌なことがあった日。彼女はストレスでいっぱいになっているかもしれませんし、そうでなくても、好きな人の声を聞いて、ホッとしたいかもしれません。どんな場合でも、女性は好きな人の声を聞きたいもの。会えなくても声を聞くだけで幸せな気分になるのです。

男性が社会で戦っているのと同様、女性もいろいろなことと戦っているのですから、その気持ちを和らげたい、ホッとしたいと思うことはおかしなことではありません。

あなたの声を聞くことで、嫌なことやストレスを忘れようとしているのかもしれません。そんな彼女の気持ちを察して、ちょっとの時間付き合ってあげてはいかがでしょうか。

3.一日の終わりの習慣

毎日にように電話をしてくるのなら、彼女にとって電話をすることは、習慣になっているのかもしれません。報告することがあってもなくても、一日の締めくくりを電話をすることで完了し、電話をしないと、なにか忘れたように感じる女性もいるのです。

夜電話をすることで、「今日一日が終わった」となって、あなたの声を聞いて、なんでもない会話をすることが、ぐっすり眠れる子守唄になるのです。帰宅したらビール、が習慣の男性は多いのですが、それと同じように、夜の電話は彼女にとって習慣なのです。

4.彼氏の生活パターンを把握したい

別々に暮らしていれば、生活パターンをわかっているようでわからないもの。今日のスケジュールを細かくチェックすることはできないので、電話をすることでスケジュールを掴もうとすることがあります。