皆さんの周りに、嘘をついてばかりのダメ男はいませんか?この前こう言ったでしょと問い詰めても、適当なことを言ってごまかすような男性のことです。

この嘘つきダメ男は、一体どのような特徴があるのでしょうか。もしも嘘つきダメ男と思われる男性が周りにいるなら、特徴が当てはまるかどうか考えながら記事を読んでみるとおもしろいですよ!

1.自分を大きく見せる

嘘つきダメ男は、自分のことを大きく見せる傾向があります。自分はこれだけすごいんだぞと周りに言いふらすんですね。自分ができることを盛って話すという癖があります。

例えば、以前にギターを始めようと思って、最初の1曲で挫折してやめた経験がある嘘つきダメ男がいるとしましょう。

すると嘘つきダメ男は、ギターをかじっていたとか、昔ちょっと触っていたけど今は全然だよというように、何も知らない人がすごーい!と言うような言い方をします。

仮にギター経験者がいたとしても、すぐにやめたと言っておけば細かく突っ込まれることはありません。逃げ道を用意しつつ、自分を大きく見せるように発言するのが、嘘つきダメ男の特徴です。

2.借金癖がある

嘘つきダメ男は、借金癖があります。お金が足りなくなると、周りから借りようとします。彼女から平気に借金をしてしまいます。今度返すなどと言いながら、返す期限を先延ばしにして、なあなあにしようとします。

消費者金融などから借金をする場合、借金の限度額をまるで自分の財産のように思い、どんどんお金を引き出して借金をするという癖があります。周りに何か言われたとしても、借りていないとか、少しだけとか適当なことを言います。

自分のやりたいことをやりたいという欲望を抑えられないんですね。

3.時間にルーズ

嘘つきダメ男は、時間にルーズです。遅刻することが多く、しかも自分が悪いと思っていません。遅刻の理由を問い詰められたら、もっともなことを言って責められないようにします。デートに遅れることもよくあります。

また、宿題などの提出期限も守りません。守ったとしても、いつもギリギリです。余裕を持って行動することがありません。やりたくないことは後回しにして、できるだけやらないで済むようにする癖が身についています。

一見普通なのに約束事の時間にはルーズという男性がいたら、その人は嘘つきダメ男かもしれません。

4.言い訳が多い

嘘つきダメ男は、他人に何か指摘されたら、まず言い訳から入ります。だから自分は悪くない、運が悪かっただけだというスタンスです。口がうまいので、そのままうまくごまかすということも多いです。本気で自分は悪くないと思っているので、言い訳がすらすら出てきます。

嘘つきダメ男は、恋人に何か責められたとしても、嘘や言い訳を繰り返してごまかします。女性は、不満がありつつも、嘘つきダメ男のペースにうまくのせられてしまい、結局最後まで責めきれないということが多いです。逆に自分がおかしいのかなと自分を責めてしまうということもあります。