子どもが保育園や幼稚園に通うようになったら、まずは子どもに友達ができるか心配になります。でも、お友達を作りたいのは子どもだけじゃありません。

ママたちも、子育てのことや保育園・幼稚園のことを話し合える「ママ友」を探したいですよね。そもそも「ママ友」とは、最初は子ども同士が同学年という共通点だけ。

素敵なママ友を見つける為に

歳も趣味も環境もバラバラな人たちの中から、どうやってママ友を選んだらいいの??ママ友になったはいいけど、あとで問題が起きたり気まずくなりたくないし・・。

実は、ママ友を選ぶときに注目すべき、いくつかのポイントがあるんです。今回は、ママ友を選ぶいくつかの基準を見ながら上手にママ友作りしてみましょう!

①子どもに注目

あのママさん、どんな人なのかなと判断がつかないときは、ママではなくその子どもを見ればいいんです。「子は親の鏡」と言いますよね。子どもの姿や振る舞いを見れば、親がどんな人なのかがだいたい分かるんです。

子どもを観察すると、まずは清潔かどうかは一番のポイントです。髪の毛がいつもボサボサだったり、いつも顔が汚れていたりしたら

ママが育児をちゃんとしていない

ということになります。それに、子どもがそういう状態なら家の中もお掃除がされていないという可能性もあるかも。

その次は、やっぱり「しつけ」がなっているかどうかです。乱暴な子どもだったり、挨拶もできない子どもだと親に問題があるのかなと思ってしまいます。子どもが親の姿を映してくれるんですね。

②自分と同じ匂い

ここでの「匂い」はもちろん香水の匂いではございません。匂いを嗅ぎ分けるというのは、ある意味で

  • 直感
  • フィーリング

に頼るということにもなります。話すときの雰囲気で自分と近い感覚があるなとか、考え方が似ているなということが分かると判断しやすいですよね。

「類は友を呼ぶ」という言葉があります。性格が似ている人同士は、自然と集まって友達や仲間になるものです。

自分とは全然違うタイプのママ友に惹かれるのよね

という方。それも、いいと思います。自分に持ってないものを持っている人はママ友に限らずですが、魅力的に見えますよね。