ワンオペ育児という言葉を最近ではよく耳にするようになりました。ワンオペは「ワンオペレーション」の略で1人で全ての業務をこなして回していく事を指しますがいつのまにかそれが育児にも使われる様になってしまいました。

育児は決してお母さん1人だけがするものではありませんが実際にワンオペ育児をしている女性は年々増えてきている傾向にあります。

核家族化がどんどん進んでいき、近所付き合いも少ない世の中になってしまいました。誰にも頼る人がいなくて1人で孤独で辛い思いをして育児と戦っているお母さん多いのではないでしょうか。

専業主婦の場合でも共働きの場合でもワンオペ育児は発生しますし限界に感じているお母さんも多いのではないでしょうか?

ここではワンオペ育児に限界を感じているお母さんの為にワンオペ育児を上手に乗り切る方法を紹介していきたいと思います。

1.完璧な育児をしようと思わない

1人で育児をしていると頑張り過ぎてしまい全てを完璧にこなさなければいけないと感じてしまい完璧を求めてしまいがちです。ですが実際は凄く環境に恵まれていて裕福な家庭であっても完璧な育児が出来ている人はいないのではないでしょうか。

育児本などを見ると育児はこうあるべきであるこれが出来ないといけないなどと理想を書いていたりしますが、実際は子供1人1人性格や発育は違うので思い通りにいかなくて当たり前です。子供が毎日笑っていて元気ならばそこまで育児に捉われる必要はありません。

2.家事は手抜きでも大丈夫

ワンオペ育児

育児に限界を感じている時に更に家事もしなければと自分に追い討ちを掛けるのはやめましょう。家事は手抜きでも大丈夫なのでどんどん上手に手を抜いていきましょう。

掃除はどんなに綺麗にしたって小さな子供がいれば直ぐにまた汚れますし、おもちゃだらけになるので諦める事も大切です。毎日洗濯やトイレや風呂掃除をしなくたって問題ありませんし、料理だってレトルトやお惣菜などを利用したって構いません。

育児をしにくいと感じているかも知れませんが、便利なモノはどんどん増えてきています。ワンオペ育児が限界の場合は沢山利用できるモノはしていきましょう。

3.一時保育を利用してみる

一時保育や預りをしてくれるので有料にはなりますが利用してみましょう。インターネットで調べる事も出来ますし、自分が住んでいる地域の子育てセンターや市役所に問い合わせてみても教えてくれるので探してみましょう。

中には働いてもいないのに預かってもらうなんてと自分を責めてしまうお母さんもいますが、ワンオペ育児に限界を感じているならばどんどん利用していきましょう。

お母さんの息抜きに一時保育を利用する事はしっかりとした理由になりますし、子供も新しい環境でいつもと違うお友達と楽しむ事が出来るのでお互いにメリットが生まれます。