両思いのはずだけど、中々告白してくれない・・。こんな相手がいれば、どうすればいいのか悩んでしまいますよね。もちろん、こちらから告白してもいいのですが、できれば相手から告白されたいのが女心というものです。

そこで今回は告白されたい人に向けて、告白させる方法を紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.分かりやすく好意をアピール

いい感じなのに男性から告白してくれないのは、「失敗したらどうしよう」なんて思っているからです。また、「今の関係が崩れたらどうしよう」なんて思って、告白を躊躇していることも・・。

確かに、いい関係だと思っている相手ほど、告白してダメだった時のショックは大きくなってしまいます。そうならないように、慎重になっているのでしょう。

もちろん、いい感じになっているのですから、「私の気持ちに気付いてよ!」という気持ちになってしまいます。しかし、告白してくれない以上、より分かりやすく好意を伝えるようにしなくてはいけません。

「告白すれば絶対成功する!」男性にこう思わしたら、あっさり告白してくれるはずですよ。

2.告白できるシチュエーションを作る

男性から告白されるには、告白できるシチュエーション作りも大切です。好きな女性がいても、告白するタイミングが分からない・・。これは、女性との付き合いに慣れていない男性にはよくあることです。

ならば、こちらからお膳立てするしかありません。例えば、夜景スポットに誘うのはどうでしょう。明らかにいい雰囲気を感じたら、普段告白できない男性でも、雰囲気に飲まれて告白してくれるかも・・。

もっとも、このようにせっかくお膳立てしても、告白してくれないなんてことは当然あります。ガッカリしてしまわないよう、過度な期待は禁物です。

3.告白できる男性が素敵だとアピールする

最近では草食系男子に代表されるように、自分から告白できない男性が増えています。そのため、そんな男性と両思いになってしまうと、中々告白されることはありません。中には告白できないため、男性なのに待っているなんてことも・・。

そこで、告白できる男性が素敵だとアピールしてください。「自分が告白できないタイプだから、告白してくれる男性は素敵に感じる」とでも言っておけばいいでしょう。

これならば、「自分が告白するしかない」と思ってくれるはずです。また、告白を催促していると思われるかもしれません。男性がどう思うかは分かりませんが、いずれにしても、告白を促すことができるのでおすすめです。

4.共通の知り合いから待っていることを伝えてもらう

どんなに告白させようと頑張っても、鈍感な男性なら気付かないなんてことも・・。そのため、少し強引な方法ではありますが、共通の知り合いに待っていることを伝えてもらうのも、男性から告白させる方法の一つです。

これなら、流石に告白してくれるはずです。ただ、伝えてもらうにしても、「○○ちゃんは待っているのに、なんで告白しないのよ!」なんて責めるような態度では、話がややこやしくなってしまうことも・・。そうならないように、頼む相手は選んでくださいね。

スポンサーリンク