どんなに大好きな恋人でも、距離が近づくほど相手の悪い部分が見えてしまうものです。いざ喧嘩をしてみたら、彼氏は黙ってばかりで話にならない!

「私が一方的に怒鳴ってばっかり・・」「もしかして、仲直りする気がないの?」「こちらが部屋を出ていっても、追いかけてきてくれない!」

そのように悩んでいる女性のために、今回は喧嘩すると黙る男の心理と彼氏と仲直りする方法を紹介します。あなたの彼氏がこのタイプなら、きっと役に立ちますよ。

スポンサーリンク

喧嘩すると「黙る」のは本能

そもそも男性は、感情的な人を目の前にすると逆に冷静な気持ちになる方が多いです。特に相手が怒っていたり自分が疲れていたりすると、本能的に自分を守ろうとする意識が働き、結果黙ってしまいます。

これは狩りの場や戦いの場において自分を冷静に保ち、自分だけでなく家族を守るための本能とも考えられます。もしくは、性格的な問題かもしれません。努力して問題を解決させるのが面倒だと考えるタイプだということです。

このようなタイプは、仲直りすること自体面倒に感じてしまう恐れもあります。彼氏がどのような性格なのか理解していないと、一度の喧嘩で別れてしまうこともあるでしょう。

「女性は感情的」という先入観と諦め

本能的な心理とは別に、経験則で「女性は感情的だ」と考えている場合もあります。母親や姉妹が感情任せに怒鳴る人だった、元カノに理不尽な扱いを受けていた、なんてことも考えられます。

喧嘩をしても冷静だと自負していても、口論になる時はヒートアップしてしまうこともあります。無意識であっても、相手に非を認めさせようと、理論を展開させたこともあったのかもしれません。

しかし、何を言っても売り言葉に買い言葉で無駄だと彼氏は諦めた。その結果、黙るという選択をしているのでしょう。

黙っている時、彼氏は何を考えているのか?

冷静であろうとする一方で、黙っている時の彼氏の心の中は穏やかではありません。冷静であろうと一生懸命で、他のことを考える余裕はそれほどないのです。

感情を表に出すのが下手な人ほど、溜め込んだ感情をうまくコントロールできずに、許容範囲を超えると爆発してしまうなんてことも・・。

また、彼女が感情的になっているときに何を言っても無駄だと諦めている場合もあります。先程説明したように、付き合った当初は筋道を通して喧嘩の原因について説明していたのかもしれません。しかし、ヒステリーなあなたに呆れて黙り込んでいるのです。

彼氏と喧嘩した時に仲直りするための方法

これまでの男性の心理から、仲直りをするための方法と、今回の喧嘩を無駄にしない「反省会」について考えてみましょう。

喧嘩をすると黙ってしまう彼氏と仲直りするためには、険悪な状況で深追いすることなく時間をおくのが効果的です。もし彼氏が部屋から出て行ってしまっても、後を追うのは逆効果だと思われます。

スポンサーリンク