あまり社交的でないため、飲み会に参加してもいつも『ぼっち』になってしまう方は少なくありません。会社の飲み会や同窓会など大人数の飲み会に出席することが苦手な方は、「どうせ出席しても、ぼっちになるだけ・・」と思っていませんか?

そこで今回は飲み会でひとりぼっちにならない方法を6つ紹介します。大人数の飲み会が苦手な方必見です!

スポンサーリンク

1.人気者や宴会部長などの近くにポジショニングする

飲み会で「ぼっち」にならないようにするためには、何よりもまず「ポジショニング」を考えなくてはいけません。

ぼっちになりやすい人は飲み会や宴会に対して消極的なため、端の目立たない席を選びたがる傾向があります。それこそがひとりぼっちになってしまう最大の原因なのです。

端の席はどうしても話せる人の数が少なくなります。その点、真ん中に近い席だと会話がしやすい人の数が多くなる分だけ、ひとりぼっちになる危険性が少なくなるわけです。

ベストのポジションは、「人気者や宴会部長などの隣りか真向いの席」です。飲み会参加者の中には様々なタイプがいます。

  • 明るく話し上手な人
  • みんなから好かれている人
  • メンバー内のマスコット的存在
  • 宴会部長

こうした人の周りには、自然に人が集まってきて話も盛り上がります。その横から会話に参加すれば、ぼっちになることはありません。

2.幹事役を引き受ける

忘年会などの大きな飲み会に参加する場合、ひとりぼっちにならないための一番効果的な方法は幹事役になることです。

その会を取り仕切るのが幹事の役割ですから、会の最初から最後までやることがたくさんあります。やるべきことがたくさんあるのですから、なろうと思っても「ぼっち」になりようがありません。

ぼっちになってしまう人は、宴会に対する苦手意識が強いため、「幹事役なんてとんでもない」と思うに違いありません。しかし、幹事役というのは案外誰にでもできるものなのです。

ぼっちの精神的な辛さを考えれば、幹事役になって忙しくしていた方がずっと楽なのではないでしょうか。

とても自分で仕切る自信がない場合は、幹事役の人に申し出てアシスタント役になるという方法もおすすめです。幹事役の人の指示に従って動けばいいのですから、より楽に時間を過ごすことができます。

周りからも「あの子は頑張って動いて気が利く子だな」と好印象を与えることもできて一石二鳥ですよ。

3.世話係に徹する

大きな宴会でなく普通の飲み会の場合は、幹事役がいないことがほとんどです。そうしたケースでは「世話係」になるという方法があります。

ひとりぼっちになる人は、口下手で人と話すことが苦手な傾向があります。苦手な会話を無理にしようとしても、なかなかうまく行かないでしょう。

ですから、会話する代わりに人に気配りしていろいろ世話を焼くのです。ポイントは他の人を幅広く観察すること。隣りや向かいの席の人だけでは足りません。少し離れた席の人の様子も観察しましょう。

そして飲んでいるグラスが空になりかけたら「お代わり、もらいましょうか?」と声をかけてみましょう。そこにその人とのやり取りが生まれますから、その時間はぼっちにはならないわけです。

  • 空いたお皿をテーブルの隅に異動させる
  • 小皿を取ってあげる

とにかく細かい仕事をできるだけたくさん行うことで、人との関わりを作るのです。そのうちに誰かが話しかけてくれますよ。

4.ぼっちの人に話しかける

ぼっち対策の一つに、「ぼっちの人に話しかける」という方法があります。

あなたのように宴会が苦手で会話に入って行けず、結果としてひとりぼっちになってしまうという人が他にもいるのではないでしょうか。そういう人がいたら、積極的に話しかけてみましょう。

その人はぼっちでいることに精神的な辛さを感じているに違いありません。そんなタイミングで人から話しかけられれば、「助かった」という思いで喜んで話しに応じてくれるはずです。

話しかけるきっかけとしては「飲んでますか?」というひとことが自然でしょう。その後の話題はなんでもかまいませんが、見つからないようなら、その店の料理を話題にしてみましょう。

それまでにあなたが食べた料理でおいしかったものをすすめたり、好物や苦手な食べ物のことを話すと会話が成立するものです。他にも、周りの盛り上がっている人を「○○さん、だいぶ酔ってますね。そういえば、○○さんって・・」と話題にするのも効果的です。

5.興味のない話には質問とオウム返しで対応

周りの人が自分の興味のない話で盛り上がっているために、そこに入って行けずにぼっちになってしまうケースもあるでしょう。その場合は「質問」と「オウム返し」で話に参加するという方法があります。

まずは他の人がしている話にしっかり耳を傾けましょう。そして、その中から「聞いてみたいこと」を見つけるのです。飲み会での話題ですから、そんなに難解な内容ではないはず。話をよく聞いてさえいれば質問が思い浮かぶはずです。

質問をすれば、それに対する答えが返ってきますから会話が成立します。あなたも会話の中に入っていくことができるのです。

また、質問が思いつかな場合は、人の発言を受けてそれをオウム返しにするという方法もあります。たとえば、会社の飲み会で、「こないだのゴルフは土砂降りで大変だった」と発言する人がいたら、「土砂降りだったんですか。大変でしたね」というように返してみましょう。

会話ができない人必見!会話の苦手意識を克服する方法8つ

2016.09.07

6.トイレに立って気分転換、可能なら席を替えてみる

上記の方法を試してみても、どうしてもぼっちになってしまった場合は、とにかく今の状況を変えるしかありません。そのままじっとしていても、事態を打開することは不可能です。

そんなときは一度トイレに立ちましょう。気分転換の効果もありますから、新しい気持ちで宴席に戻ることができます。トイレから戻ってくる人がいると近くの人は何となくその人を意識しますから、それをきっかけに話に参加できることも少なくありません。

また、座敷での飲み会など席を替えることが可能であれば、ぜひトイレに立つ前とは違う席につきましょう。環境が変わって、ぼっちから脱出できる可能性大です。

ほんの少しだけ積極的になる

飲み会でひとりぼっちにならない方法を6つ紹介しました。周りの人間は「こいつをぼっちにしてやろう!」などと全く考えていません。原因はぼっちになる人が心の壁を作っているからです。

今回紹介した方法をただ実践するだけでなく、ほんの少しだけ積極的になることを心がけてください。そうすれば、何も考えずに飲み会を楽しめて『ぼっち』になることもありませんよ。

「この飲み会だけは、どうしても参加したくない・・」というときは、下記を参考にしてみてください。

角が立たないメールを使った丁寧な誘いの断り方8選

2016.11.04

出席したくない飲み会の上手な断り方7つ

2016.04.08

スポンサーリンク