事情があって離婚を経験し、今は一人で子育てに奮闘中のシングルマザー。もう恋なんてしないと決めていたのに、最近恋愛したい気分に・・。そんなシングルマザーのために、今回は恋愛したいシングルマザーが覚悟しておくことを紹介します。

スポンサーリンク

1.シングルマザーの恋愛は世間の目が厳しい

理由はどうあれ、シングルマザーは結婚に失敗しています。その結果、一生懸命一人で子供を育てています。周りからは応援されたり励まされたりすることも多いでしょう。

例えば、幼稚園のお迎えに仕事で遅くなったとき、幼稚園の先生の反応はどうですか?「お母さん大丈夫ですよ。」「あまり無理をしないでくださいね。」などと優しい言葉をもらうこともあるでしょう。

また、ママ友が「お迎え代わってあげるよ。」と助けてくれることも。一人で一生懸命頑張っているシングルマザーだからこそ、周りは優しく接してくれるのです。そんな頑張り屋なシングルマザーに、彼氏の影が見えると周りの態度が急変することも・・。

本当に仕事で遅くなったのに、「もしかしたら、彼氏と遊んでいたから遅れたんじゃないの?」なんて幼稚園では思われて「時間厳守でお願いします!」とピシャリと言われたり、ママ友は明らかに好奇の目で見てくることも。

最悪の場合、「何だか○○ちゃん最近元気がないけど、あの彼氏に虐待されてるんじゃない?」「そういえば、痣があったかも?」なんて根も葉もない噂を流されることすらあるのです。

シングルマザーが恋愛をするなら、今まで以上にやるべきことをやらなくてはいけなくなるでしょう。

2.子供最優先だから独身時代のように恋愛できない

シングルマザーが恋愛をしたいなら、子供を最優先にすることを忘れてはいけません。子供のいない頃のような恋愛はできないことを覚悟してください。

例えば、彼氏に会いたいからと夜遅くに会いに行くなんてことは子供がいるためできません。また、彼氏が突然お泊りを求めてきても、独身時代のように即OKなんてできません。

さらに子供が幼稚園に行ってる間や実家へお泊りだからとデートの約束をしていたのに、子供が病気になって急にキャンセルになることも多々あるでしょう。こんな時に、「なんでせっかく楽しみにしてたのに!子供のせいで恋すらできない!」なんて間違っても思ってはいけません。

女であることは間違いないですが、その前にママであることを自覚してください。そして、それを理解したうえで愛してくれる男性を見つけないといけないのです。変な男につかまってしまったら、あなただけでなく子供にまで影響が出てしまいますからね。

3.シングルマザーであることを付き合う前に伝える

シングルマザーの恋愛で避けては通れないのが、彼氏にシングルマザーである事実を伝えることです。

例えば、彼氏が初めからシングルマザーである事実を知ったうえで好きになってくれたのなら問題はありません。しかし、その事実を知らずに恋人同士になってしまった場合は、彼氏に事実を告げるのには勇気が必要になってきます。

「もしかしたら、シングルマザーだとわかったら振られるかもしれない。いつ本当のことを言おうか・・」と悩んでいるうちに、どんどんタイミングを失うでしょう。

事実を知らなければ、いつもデートの時間が取れなくて、家にも呼んでもらえないことに不信感を抱くはずです。そしてお互いギクシャクして喧嘩ばかりになってしまうでしょう。

恋愛をしたいシングルマザーは、付き合う前に子供の存在を告げることです。それで関係がおかしくなるのなら、その恋は縁がなかったものだと諦めましょう。

4.無理に彼氏に会わせない

シングルマザーは彼氏に子供の存在を理解してもらったら、早く彼氏と子供が仲良くなってくれることを望みます。その方が、お互いに気を使わずに堂々とデートもできるし、何より子供にストレスがかかりませんからね。でも、そんな考えはシングルマザーの勝手な思い込みなんてことも・・。

子供にだって心の準備が必要です。今まで「ママ」だった人が、いきなり自分以外の人と仲良くするなんて簡単には受け入れられないでしょう。知らない男の人とママが仲良くする姿に戸惑い、違和感を感じるはずです。

小さくても、理解できる年頃でも、子供にとっては「ママ」が「女」になる姿を受け入れるのには、それなりの心の準備がいることを忘れてはいけません。いきなり「明日の晩ちょっと会わせたい人がいるの」と女オーラ全開のママを見たら、子供は引いてしまうでしょう。

5.時間をかけて関係を築く

シングルマザーの恋愛は、とにかく急いではいけません。シングルマザーと彼氏の関係は良好でも、子供との関係を考えた場合は、そんなに簡単ではないことをしっかり認識しておかなくてはなりません。

彼氏に子供との距離を早く縮めて欲しいからと、彼氏のことを「パパ」と呼ばせてみたり、子供の学校の行事に参加させたり・・。シングルマザーが良かれと思ってやったお膳立てが逆効果になることもあるのです。

本当にその彼氏と子供の関係が上手くいくときは、お互いが自然と心を通わせるはずです。あれこれ急いでも上手くいきませんよ。それに急いでうまくいかなくなるのは子供との関係だけではありません。

シングルマザーが男性との距離を急いでなくそうとしたら、その彼は「ガツガツしているな。再婚ありきの付き合いになりそう・・」と思わせてしまい、お互いに惹かれあっていた状況が壊れてしまうこともあるのです。

シングルマザーの恋愛は、とにかく時間をかけて関係を築く必要があるのです。

6.結婚を考えるなら子供の年齢を無視できない

シングルマザーの恋愛がやっと確かなものになり、結婚の話も出てくることもあるでしょう。でも、その場合もしつこいようですが、やはり二人だけの問題ではないのことを肝に銘じておくことです。

例えば、もし結婚の話が出たときに子供が多感な時期だったら、タイミングを考えて進めていく必要があります。ママの相手が自分のパパとなるのですから、その心境は複雑でしょう。

また、まだ小さな子供の場合は本当のお父さんの思い出が強すぎて、なかなかシングルマザーの再婚相手を受け入れられない場合もあります。さらに学校の問題で途中苗字が変わってしまうことの不安などから、結婚のタイミングを考えることも重要です。

このようにお互い好き同士でも、好きなときに結婚できるわけではないことを覚悟しておきましょう。

7.二度目のマリッジブルー

恋愛が実って結婚に向けて話が順調に進んでいくと、今度はシングルマザーの心の問題が出てくることがあります。一度結婚で失敗しているトラウマから、結婚に対しての不安感が出てくる場合もあるのです。

「今のままでも十分幸せなのに、本当に結婚する必要があるのか?もし結婚したら、今の状況が壊れないか・・」このように結婚二度目にしてマリッジブルーに陥ることも覚悟しておきましょう。

特に再婚が決まったとたん、いろんな不安からセックスレスになってしまうカップルもいます。結婚して今より不幸になってしまったら元も子もありませんね。

再婚だからこそ慎重になるのは当然です。しかし、二度目のマリッジブルーを乗り越えなければ、幸せをつかむことはできないと覚悟しておきましょう。

一番大切なことは子供に負担をかけないこと

恋愛したいシングルマザーが覚悟しておくことを紹介しました。シングルマザーが恋愛するうえで一番大切なことは、子供に負担をかけないことです。そこさえクリアできて、男性に焦りを見せなければ、きっと素敵な男性と巡り合えるはずですよ。

興味がある方は、シングルマザーからの再婚って難しいの?障害になること8つ恋愛対象になるバツイチ子持ち女性の6つの特徴も併せてご覧ください。

スポンサーリンク