恋愛を重ねることは悪いことではありませんが、恋愛体質なら話は別です。「彼氏がいないと何だか落ち着かない・・」こんな理由で恋愛を重ねても、幸せになれるはずがありません。

もっとも、恋愛体質を自覚しているなら、「分かってはいるけど・・」と悩んでいることでしょう。どうしたら恋愛に依存しないのでしょうか?そこで今回は恋愛体質を改善する方法を紹介します。

スポンサーリンク

デメリットを考える

恋愛体質を改善するためには、まずはデメリットを考えてください。恋愛体質がいけないことと頭で分かっていても、具体的に何がいけないのかが分かっていないと、改善することはできません。

  • 男性中心では女友達が離れていく
  • 悪い男に引っかかりやすい
  • 付き合った相手に振り回されてしまう
  • 何にもできない人になってしまう
  • 相手に依存しすぎて重たい女に思われてしまう

恋愛体質には、このようなデメリットがあります。自分に当てはまるものが何なのかを冷静に判断してください。そして、今の状態を続けた場合の未来を想像するといいでしょう。

きっと、「このままじゃいけない!」と思うはずです。このようにデメリットをしっかり理解することで、依存しそうな時に抑止力が働きます。自分を見つめ直すいい機会になるので、是非実践してください。

環境を整える

恋愛体質を改善するためには、環境を整えることも大切です。いくらデメリットを頭で理解しても、環境が整っていなければ、いつか我慢できなくなってしまいます。

それでは意味がないどころか、デメリットを理解しているだけに、自分に対して嫌悪感を抱いてしまうことも・・。そうならないように、男性との繋がりを整理してください。繋がりがなくなれば、恋愛しようがありませんからね。

もっとも、いくら男性との繋がりを整理しても、ヒマがあると再度繋がりを探してしまいかねません。特に休日や夜の暇な時間は要注意です。趣味や仕事など没頭できるものを探して、男性のことを考えないような環境を整えてください。

一人で行動してみる

恋愛体質を改善する環境が整ったら、一人で行動するようにしてください。恋愛体質の女性は一人では何もできないと思っていることが多いです。そのため、男性に依存してしまいます。

もちろん、そんな女性が一人で行動するのは、少し抵抗があるかもしれません。しかし、一人で行動してみると、意外とできてしまうことは多いです。また、一人行動の良さに気付けるでしょう。

確かに、一人で行動すると、好きな場所に行けて好きなことができます。そのため、最初は自分で決めることが苦手という人も、自分の好きなことばかりしていれば、苦手意識はなくなるはずです。

もっとも、一人行動に慣れすぎると、それはそれで問題です。恋愛体質を改善することは大切ですが、恋愛自体から遠ざかってしまわないように注意してください。

スポンサーリンク