結婚したとたんデートすることをめんどくさがる旦那がいます。しかし結婚をしたって、いつまでたっても夫婦でデートを楽しみたいと思うのが女心ですね。どうにかしてめんどくさがる旦那をデートに連れ出したいと思っている方は少なくないはずです。

そこで今回はめんどくさがる旦那も楽しめる夫婦デートを8つ紹介します。久しぶりにデートを楽しみたい奥様は参考にしてみてください。

スポンサーリンク

1.旦那が日頃我慢している物を買いに行く

めんどくさがる旦那をデートに連れ出すには、物で釣ってデートの意欲を高めましょう。子どもに使うような手法ですが、男性にはこの方法がとても効果的です。

結婚をしていると、旦那にはなかなかお金がまわりません。特に子どもがいる家庭ではパパの物は後回しになることも多いでしょう。そのため、日頃から欲しいものを買ってもらえてない状況が続いています。

そこで旦那の欲しいものを買いに行こうとショッピングに誘って夫婦デートをするのです。普段は「デートなんて・・」とめんどくさがる旦那であっても、自分の欲しい物が買ってもらえるともなれば喜んでデートをするでしょう。

このデートでは、旦那の欲しい物を購入するのはデートの最後です。それまでは食事をしたり、あなたの買い物に付き合ってもらったりと連れまわしましょう。

旦那も上機嫌で文句言わずに付き合ってくれるはずです。そしてデートの締めくくりに欲しいと言っていたものを一緒に選びに行くのです。

何かを買わなくてはいけないので多少お金はかかりますが、たまには旦那を喜ばせてあげることも夫婦間では大切なことです。誕生日でも記念日でも何でもない日でも、旦那へのプレゼントデートを計画してみましょう。

2.旦那が興味のあるものをめぐる

デートをしようといって自分の興味ある場所ばかり連れまわしていては、旦那も疲れてしまいます。デートが苦痛なものだと感じては、めんどくさがるのも当たり前ですよね。

夫婦であれば、旦那が興味のあることを知っているはずですよね。そこで旦那が興味のあるものを取り入れた夫婦デートをしましょう。

  • スポーツ観戦が好きな旦那であれば、予めチケットをとって野球やサッカー観戦デートをしましょう。
  • 乗り物が好きな旦那であれば、博物館や電車で行くデートを企画しましょう。
  • お酒が好きな旦那であれば、美味しいお酒の飲み比べができるお店に行きましょう。

誰でも自分が興味ある所に行こうと言われれば、嬉しいに決まっています。「さすが俺の嫁!俺のことをわかっている!」と嫁としての評価も上がるでしょう。

一緒に暮らしているからこそわかる旦那の好みをデートに取り入れて、楽しいと思わせるデートを企画してみてください。

3.美味しいものを食べに行く

よく結婚するには男性の胃袋を掴めと言いますね。男性は美味しい物をたらふく食べることが好きなのです。それが幸せに直結しているのです。というわけでデートも胃袋を掴むようなプランを立てましょう。

スポンサーリンク