• スマホに保存してある写真
  • 旅行先で買ったグッズ
  • 元彼にもらったバッグ

元彼の思い出が詰まっているものを取っておいて、彼氏が良い気になるわけがありません。喧嘩をする原因になるだけです。彼氏の嫉妬を抑えるためにも写真は削除しておきましょう。また、元彼からもらったプレゼントなども処分しましょう。

ブランド品など、どうしても処分したくないようなものに関しては、友達などに預けておくと良いでしょう。もちろん、その際は彼氏には「処分した」と言わないと嫉妬は収まりません。

処分する時も、「元彼の思い出の品、捨てるね!」など宣言する必要はありません。彼氏に聞かれたら「もう必要ないから全部捨てたよ」と事後報告で元彼の名前も出さずに伝えるぐらいが良いでしょう。そうすれば、彼氏はもう元彼のことは何も言ってこなくなるでしょう。

4.元カノに嫉妬をしてみる

元彼に嫉妬する彼氏へ気持ちが収まらない場合は、逆に元カノに嫉妬してみるのも効果的です。「実は○○くんの元カノにすごい嫉妬しているの!だから、○○くんにもやきもちを焼かせるために元彼の話をしたの・・。ごめんね。」と伝えてみましょう。

彼氏は「自分が彼女にやきもちをやかせてしまってたんだ。申し訳ない・・」と、元彼に対して嫉妬していた自分を恥じるようになります。可愛く言えば、優越感に浸らせることもできます。

あまり数多く使うことはできない方法ですが、更に彼女を好きになる可能性が非常に高いです。彼氏の嫉妬心を止めたい場合は、相手の気持ちを逆手にとったこの方法を試してみると良いでしょう。きっと、その後の彼氏の彼女に対する対応も優しくなるはずです。

回数を重ねるごとに効果は薄れてくる方法ですので、くれぐれもタイミングに注意して一回だけの使用に留めてください。

5.スマートフォンやLINEを見せる

元彼に嫉妬する彼氏の気持ちが強すぎる場合の対応方法として、スマートフォンやLINEを見せるというものがあります。

実際にLINEなどで変なやり取りをしている場合は見せることはできませんが、特に問題ないようであれば、しっかりと見せることで疑いの念が晴れて嫉妬も収まることもあります。

「まだ元彼に気持ちがあるんじゃないか?」「どこかで連絡を取っているんじゃないか?」と、彼女の気持ちと行動の両方に不安を抱き嫉妬します。相手が不安に感じている部分をあえて曝け出すことで、疑いようのない状態を作り安心してもらうのです。

ただし、何か彼氏にとってマイナスになるようなことをやり取りしている可能性がある場合は、絶対にこの対処法を使ってはいけません。LINEのスタンプ1つまで気を配りましょう。

まずは、自分の目で確認したうえで見せるかどうか判断してください。場合によっては2人の関係が悪化する原因になりかねますので、くれぐれも注意したうえで行ってください。

6.彼氏のことがどれだけ好きかを伝える

元彼に嫉妬する彼氏の気持ちを沈める方法として、彼氏のことがどれだけ好きなのかをしっかりと伝える方法があります。相手の嫉妬心が強ければ強いほど、彼氏のことを好きだということをしっかりと伝えると効果的です。

RECOMMEND PR