かっこいいと言われてる男性やクールな男性、人からちょっとワルっぽいと思われている男性も、彼女の前では甘えん坊な一面を見せることがあります。どんな男だって、心の奥底では甘えたい願望があるのです。

今回はそんな男性が彼女に甘えたいときに出すサインを紹介します。

スポンサーリンク

1.「何だか疲れたよ〜」と言ってくる

男性が彼女に対して甘えたいサインを出すときに、一番多くやってくる行動は疲れたアピールです。

男性は仕事が忙しくて本当に疲れているときこそ、彼女に甘えたいものです。でも、自分からベタベタするのは恥ずかしいし、「男のくせに女々しいと思われたくないしな・・」と思ってる男性は多いです。

そんなときに、ちょうどいいのが疲れたアピールなのです。「なんかさ、仕事大変すぎて疲れちゃったよ」と、仕事にかこつけて甘えたいアピールしても何の違和感もないだろうと思っているのです。

このような男性が甘えたいサインを出してきたら、大きな心で甘えさせてあげましょう。

2.膝に頭を乗っけてくる

男性が気を許した女性にやってくるのが、膝に頭を乗っけてくる膝まくら。急にスリスリしてきたかと思ったら、頭を膝に乗っけて寝たふりをしたり、顔をお腹に埋めて甘えてきたり・・。

「甘えさせて〜!もっとヨシヨシしてよ!」と男性の心の声が聞こえてきそうですよね。男性は女性の柔らかい膝に頭を乗っけることで、昔お母さんに耳かきをしてもらった記憶と重ねているのかもしれませんね。

大人になっても、あの心地良さは忘れられないのでしょう。まっ、男性は多かれ少なかれマザコン要素持っていますからね。そんな連想があってかどうかは分かりませんが、とにかく「甘えたい!」と思ったら膝に頭を乗っけてきます。

このサインを見逃して、「重いから!」なんて拒否したら、さすがに彼が可哀想です。頭を膝に乗っけてきたら、頭ポンポン&撫で撫でをしてあげて下さい。

3.会いたいアピールをしてくる

男性は「甘えたいなあ。ちょっと寂しいなあ・・」と思ったときは、彼女に会いたくて仕方がなくなります。でも、甘えたい!寂しい!なんてかっこ悪くて言えません。

彼女に対しての精一杯の一言が、「いつ会える?」「今度のデートなんだけど・・」とまだ先のデートの約束を早めようとしてくること。このように男性が会いたいアピールをしてきたときは、彼女に甘えたいというサインなのです。

そんなときの彼らの頭の中は、「早く会って彼女に癒されたい!温もりに触れたい!」と甘えることばかり。彼女のことを考えてニヤニヤしていることでしょう。

このサインに気付いたら、出来るだけ時間をやりくりして早くデートしてあげてください。

スポンサーリンク