彼氏がいない時期があるのは仕方ありませんが、彼氏がいない=年齢ともなると少し話が変わってきます。もちろん、彼氏がいらないのならそれでもいいですが、彼氏が欲しいのなら、何とかして今の状況を変えなくてはいけません。

ただ、そうは思っても、「どうやって彼氏を作ったらいいのか分からない」という女性は多いでしょう。そこで今回は彼氏いない歴=年齢を卒業する方法を紹介します。

スポンサーリンク

まずは彼氏ができなかった原因を考える

今まで彼氏ができなかったのには、何かしら原因があるはずです。それを改善しないまま彼氏を作ろうとするのは無理があります。そのため、まずは何で今まで彼氏ができなかったのかを考えなくてはいけません。

  • 大人しい性格で積極性に欠けていた
  • 男勝りの性格で女性らしさが欠けていた
  • 理想が高すぎて男性からのアプローチがあっても断っていた

もちろん、このような原因があっても、彼氏ができないとは限りません。しかし、彼氏ができにくいのは確かなため、心当たりがあるなら、変えていくことが必要です。

ネガティブな思考にはならないように

紹介したように彼氏ができなかった理由を考えることは必要です。ただ、彼氏ができない原因を考えていると、どうしてもネガティブな思考に陥りやすくなります。

確かに、彼氏ができなかった理由には、ネガティブな要素が多く、「私なんて・・」と思ってしまうことがあります。しかし、そんなことを思っていては、男性からよく見られるはずがありません。

また、彼氏いない歴=年齢ということも、ネガティブには考えていけません。もちろん、それに引いてしまう男性もいますが、多くの男性はそれほど気にしていないです。別に彼氏がいなかったからといって、何か不都合なことが起こるわけではありませんからね。

このことからも、ポジティブに考えることは難しくても、ネガティブに考えないようにはしてください。

出会いの数を増やす

彼氏ができなかった原因を考えたら、次は出会いの数を増やしてください。いくら、自分の弱点が分かったところで、出会いがなくては意味がありません。

もちろん、出会いを増やしたからといって、すぐに彼氏ができるわけではありませんが、少なくとも可能性が上がることは間違いありません。また、男性と接する機会を作っていけば、弱点の克服にも繋がります。

もっとも、出会おうにも出会いってそうはありませんよね?そのため、婚活・恋活のイベントなどを利用してみるのも一つの手です。これなら、出会おうという気持ちさえあればいくらでも出会うことはできます。

「行っても浮いてしまわないかな?」という不安はあるかもしれませんが、行けば何とかなるものです。彼氏いない歴をストップさせるためにも、是非色んなものに参加してください。

失敗を恐れない

彼氏がいない=年齢の女性は、失敗を恐れてしまう傾向があります。もちろん、「初めての彼氏は失敗したくない」という気持ちになるのも無理はありません。しかし、恋愛には失敗がつきものです。

スポンサーリンク