男は誰でも大なり小なりマザコンなところがあります。母親への愛は誰でも当たり前に持っているものですよね。だけど、あまりにも行き過ぎたマザコンだと結婚生活にも悪い影響が出ます。

結婚前にはなかなか分からなかった夫のマザコン。結婚後に発覚した場合、一体どう対応したらいいのでしょうか?

今回はマザコン夫の特徴と対処法を紹介していきます。

スポンサーリンク

マザコン夫の特徴3つ

まずはマザコン夫の特徴から見ていきましょう。あなたの旦那に当てはまるものはありますか?

1.夫にマザコンの自覚がない

「俺ってお母さん大好きなんだ。マザコンかも」なんて自分で言えるような男性は、真のマザコンではありません。「男がお母さんを好き過ぎるのはちょっとおかしい」という自覚があるうちは、マザコンが暴走することもないからです。

本当のマザコンには、自分がマザコンという自覚がありません。大人になっても妻より母親の味方をしたり、何でもかんでも母親任せにしたり・・。

普通の人なら「ちょっとおかしいんじゃない?」と思える行動さえも、夫は当たり前のことだと思っているのです。

もし、あなたが夫に対して「マザコンだよね」と指摘した時、ムキになって否定したり、逆ギレするなら夫のマザコン度合いは重度のものかもしれません。自分でマザコンの自覚がないのなら、その夫の性格を改善するのは困難でしょう。

2.義母の夫への接し方が異常

義母の夫への接し方や育て方が普通なら、まずマザコンにはなりません。夫が親離れできていないということは、義母も子離れできていないということ。健全で甘やかさない育て方なら、夫もちゃんと自立して育つはずです。

義母が未だに夫の世話をあれこれ焼いたり、結婚した後もしょっちゅう家に来て干渉してきたり・・。「ちょっと普通じゃないな」と感じるのなら、夫がマザコンになった原因はズバリ義母にあります。

子離れできていない義母は、妻であるあなたに対して敵対心を持っている可能性もあります。ちょっとした行動で気を悪くする可能性があるので、慎重な言動を心がけることが大切です。

例えば義母の前で夫をあだ名で呼んだり、冗談でけなしたり・・。些細なことが気に触る可能性があります。義母にとっては「息子は私のもの!」という意識が強いので、それを刺激しないようにすることが大切です。

3.妻と自分の母を比べる

妻が頑張って料理を作っても、「母さんのご飯の方が美味しい」の一言。育児の時も、「母さんならもっと上手にやるのに・・」と妻と母を比べる・・。これは立派なマザコン夫の特徴です。

マザコン夫にとって理想の女性は自分の母親です。だから妻を一人の人間としてではなく、「母親と比べて優れているか?」という視点で見てしまうのです。

スポンサーリンク