突然ですが、最近彼氏とたくさんキスしていますか?付き合いたての盛り上がっている時期なら、キスの回数も多いですよね。だけど付き合いが長くなって、お互いの存在に慣れてくるとスキンシップも減ってしまうものです。

いつまでも仲良しでいるためには、なるべく頻繁にキスをすることが大切です。そのためには、男性がどんなときにキスしたくなるのか知っておく必要があります。

今回は彼氏が彼女にキスしたいと思うときを紹介します。彼氏がキスをしたくなる瞬間を知っておくことで、2人の間にスキンシップを増やしたいと考えいている女性必見です!

スポンサーリンク

1.「好き」という気持ちを伝えたいとき

キスは言葉以上の愛情表現です。特に照れ屋で自分の気持ちを表現するのが苦手な男性は、愛情を言葉ではなく態度で示そうとします。そのため、「彼女のことが好き!」と感じ、その気持ちを伝えたいときにキスをしたくなるのです。

もし彼氏があまり言葉で「好き」と言ってくれなくて不満に思ったとしても、男性はそんなものだと思って許してあげましょう。

こういう男性はシャイなので、愛情をキスやハグで表現しようとします。彼がキスをしてくれたら、「これが彼の愛情表現なんだな」と納得して、その愛情をしっかりと受け取ってあげましょう。

2.ムラムラしてきたとき

彼女への気持ちが高まってきたときだけでなく、肉体的な欲望が高まってきたときも、男性はキスしたくなってしまうものです。

女性以上に男性の性欲は衝動的なもの。何かのきっかけで「セックスしたい!」と感じたら、つい彼女に触れてキスしたくなるのです。

気持ちを伝えたいときと欲望が高まってきたときでは、キスの種類も変わってきます。軽いキスだけではなく、よりディープで激しいキスは、「このままセックスに持ち込みたい」というサインかもしれません。

3.「おはよう」や「おやすみ」の代わり

夜寝る前や朝彼女の顔が目に入ってきたとき・・。挨拶代わりにキスをしたくなる男性も多くいます。

同じベッドでおしゃべりしながら、お互いの顔を眺めながら眠りにつく・・。なんとも幸せなひとときですよね。そんなときは、彼氏も同じような幸福感を感じています。そしてその幸せを表現したいと思いキスをするのです。

「おはよう」「おやすみ」や「いってらっしゃい」など、挨拶のときのキスを習慣にすると様々ないいことがあります。頻繁にキスをする習慣があれば2人の愛情は深まりますし、喧嘩になったときに仲直りのきっかけになりやすいのです。

もし彼氏に挨拶のキスの習慣がないなら、積極的にキスしてみましょう。さらに仲良しになれるでしょう。

4.彼女が可愛い笑顔を見せたとき

女性は誰でも笑顔が魅力的に見えるものです。彼氏から見れば、なおさら「彼女の笑顔は可愛い!」と思っているはず。笑っている彼女を見て、つい感情が高まってキスしたくなってしまうものなのです。

スポンサーリンク