芯の強い女性はある意味敵が多いかもしれません。でも、自分の考えを貫けるなんて素敵な事ですよね。そんな芯の強い女性になるにはどうすればいいのでしょう?そんな疑問を抱えている方のために、今回は芯の強い女性の特徴を紹介します。

スポンサーリンク

1.自分は自分!人は人!

芯の強い女性は、とても強く勇ましいイメージがありますよね。でも、強さと言っても芯が強いということは、攻めたり押しのけたりする攻撃的な強さとは少し違ったものなのです。芯の強い女性というのは自分を持っている人のことを言います。

  • 他人がこうだから自分もそうしよう
  • 誰かに何か言われたら嫌だから合わせておこう

普通の女性なら、このように常に他人の意見を優先したり、他人の目を気にしたり・・。意見を曲げてしまうことも多々あります。しかし、芯の強い女性は自分の考えをきちんと持っているため、人に流されたりはしないのです。

  • 「自分は自分!人は人!」
  • 「そんな考え方もあるけど、自分はこう考えている」

このようにはっきり言えるのが芯の強い女性なのです。時には場をしらけさせたり、空気を読み違えたりすることもありますが、常に自分の考えが軸になっているため良い意味でブレることがないのです。芯の強い女性は自分の意見を大切にするのです。

2.物事を前向きに考える

芯が強い女性は物事を考えるときは前向きに考えます。芯の強い女性の中には「どうしよう・・」「でも・・」などの否定的な言葉はありません。ポジティブ思考なのです。

例えば何かを始めようと考えたとき、その結果はいつも彼女の中では成功なのです。仕事で何か企画を考えるとき、その先には常に成功をイメージします。成功してみんなが手を取り合って喜んでいるイメージが浮かぶのです。

また、好きな人に告白しようと考えたときも同じです。告白=両想いのイメージを持っているため、自分の気持ちを素直に伝えたえることができるのでしょうね。

芯が強い女性は強い思いを持っているため、「失敗するわけない。」「大丈夫!イケる!イケる!」と自分を励ましモチベーションを保てるのです。思い込みが激しいとこもありますが、自分の思いに対して真剣なのも芯が強い女性の良い部分です。

3.立ち直りが早い

芯の強い女性がポジティブ思考なのは、結果に対しても同じです。自分の考えに自信を持って進んだのに、結果は惨敗なんてことも当然あります。

  • 「あんなに頑張ったのに・・」
  • 「あのとき確かに手ごたえがあったのに何で?」

このように自分の考えが間違っていたということを痛感し落ち込むのが普通です。でも、芯の強い女性は失敗してからの立ち上がりが非常に速いです。

思いが強い分、落ち込みかたも激しい芯の強い女性ですが、おもいきり落ち込んだ後は上手に自分の中でリセットできるのです。そして、「きっと自分のやり方が間違ってたんだわ!」「何か違う方法を探さなきゃ!」と前向きに失敗を解決しようと早急に動き出します。

スポンサーリンク