男性と食事に行った帰り道、いきなり彼が手を繋いできた!しかも、それが恋人繋ぎだったらドキッとしてしまいますよね。「まだ付き合ってないのに何考えてるの?」と、彼の気持ちが気になってしまうところです。

今回は恋人繋ぎしてくる男性心理を徹底解説していきます。

スポンサーリンク

1.酔っ払っていた

お酒には人の理性を抑え、逆に欲求を引き出す力があります。そのため、酔っ払った途端に性欲が高まる男性が多いのです。付き合ってもいないのに恋人繋ぎしてくる男性も、お酒によって変な気分になっていたのかもしれません。

普通の繋ぎ方ならともかく、恋人繋ぎはより親密さを感じさせるスキンシップです。男性によってはそういうつもりで恋人繋ぎをしているのかもしれません。つまり、手を繋いでも振り払われなければ、「この子はお持ち帰りできそう!」と判断するのです。

特に飲み会の帰り道などで恋人繋ぎしてくる男性は危険です。もし手を繋ぐ以上にボディタッチがエスカレートしてくるようなら、そのままホテルに連れ込まれてしまうかもしれません。嫌な時は毅然として対応するようにしましょう。

2.好きと言う勇気がない

男性も女性に気持ちを伝える時は勇気がいるものです。「断られるのが怖い」「今の関係を壊したくない」などと考えると、なかなか告白できないものなんですね。だけど、好きという感情は隠そうとすればするほど燃え上がってしまうものです。

好きな気持ちを抑えきれずに、溢れ出てしまった・・。そんな時にいてもたってもいられず、恋人繋ぎという行動に出てしまったのかもしれません。

こんな時の男性は、かなり平常心を失っているはず。ドキドキしている様子なら、本当にあなたが好きで思わず手を繋いでしまったのかもしれません。

3.わざわざ告白したくない

10代や学生の頃は、好きな人に勇気を出して告白して、OKだったらめでたくお付き合いが始まる・・。そんな恋愛が多かったのではないでしょうか?だけど、成人して社会に出ると、「わざわざ告白しない」なんていう男女が増えます。

大人になると、「仕事や友達同士の関係を考えると、下手に告白して振られるとその後が気まずい」なんて考えるようになるんですね。

また、ある程度恋愛を経験すると、「お互いなんとなくいい感じ」という空気が読めてくるものです。そんな中でわざわざ言葉にせずに、なんとなく付き合い始める男女も多いのです。

ですので、恋人繋ぎをしてくる男性は、「わざわざ告白したくないけど、付き合いたい」という気持ちがあるのかもしれません。

4.相手の反応を伺っている

「最近は草食系男子が多い」なんて言われているように、恋愛に臆病な男性が増えつつあります。

昔は「恋愛は当たって砕けろ!」なんて頼もしい男性も多かったようですが、現代人は何かと他人との衝突を避けたがるものです。そのため、恋愛でも「告白して断られて傷つきたくない」「女性にどう思われているのか怖い」なんて感じる男性も多いようです。

スポンサーリンク