「わがままな女って嫌い」「いや、俺はわがままな女は可愛いから好き」男性の意見って結構割れますよね。

もちろん、その男性の性格にもよるのですが、世の中には可愛くて男性に好かれるわがままと、うざいと嫌われてしまうわがままの2種類が存在します。一体どういうことなのでしょうか?今回をその点を詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

彼氏が好かれる可愛いわがまま5つ

わがままは嫌われると思われがちですが、実は上手に甘えると彼氏をキュンとさせることができます。まずは彼氏がときめく可愛いわがままを紹介します。

1.デートの最後に「帰りたくない」

デートの別れ際、今まで楽しそうに笑っていた彼女なのに、急に寂しげな顔。「どうしたの?」と聞くと、「まだ帰りたくない」と一言。男性が彼女に対して心ときめいてしまう瞬間です。

「まだ一緒にいたい」とアピールされると、男性は純粋に嬉しいものです。ただ、次の日朝早いのに引き止めたり、「帰らないでよ!」などと強制するのはNG。彼氏も「俺の都合も考えてよ」と困ってしまいます。

「帰りたくない」と言ったら彼氏は喜んでくれるかもしれません。だけど、「ごめんね、明日早いから帰らなくちゃ」と言われても、それ以上わがままを言わないようにしましょう。ちゃんと相手の都合を考えつつも、思いやりの気持ちを持つことも大切です。

2.「他の子を見ちゃダメ!」とスネる

嫉妬深すぎるのはNGですが、適度なヤキモチは男性に喜ばれます。例えば、デート中に彼氏がふと街行く女の子を目で追ったら、「今あの子のこと可愛いと思ったんでしょ?」「他の子を見ちゃダメ!」とスネる・・。男性はこんな彼女の姿にキュンとしてしまうのです。

彼女からヤキモチを焼かれると、「俺って愛されてるんだな」と実感する男性も多いようです。ただし、あまり嫉妬しすぎると怖がられてしまうので逆効果です。あくまでも、相手を追いつめない可愛いヤキモチの焼き方をしたいですね。

3.力仕事など「○○君やって〜」と頼む

男性は女性から頼りにされると喜ぶ生き物です。力仕事など男性しかできないことで甘えられると、役に立てた感じがして喜びます。

例えば、硬い瓶のふたが開かない時に、「硬くて開かない!○○君開けて」と甘えられ、開けてあげると「すごい、力持ち〜!」と褒められる。これだけで男性はいい気分になってしまうのです。

デートの時に買い物した荷物を持ってもらったり、仕事で何か手伝ってもらったり・・時には素直に甘えてみるのもいいですね。ただし、必ず「ありがとう」とお礼を忘れないようにしましょう。「さすが○○君!」と褒めてあげると、さらに効果的です。

4.「ちょっとかまってよ」と甘える

寂しがり屋で甘えん坊の女性は可愛く見えるものです。例えばお家デートの時、スマホをいじっている彼氏に、「ねぇねぇ、かまってよ」と抱きついてくる。そんな彼女のわがままに、男性はキュンときてしまうのです。

ただし、常にくっつきたがったり、彼氏のしていることを邪魔してばかりだとうざがられます。男性の心に響くのは、いつもはクールなのに急に甘えてくる、いい意味でギャップを持った女性です。いつもべったりするよりは、不意打ちで甘える方が効果的ですよ。

スポンサーリンク