やたらと干渉してくる人って、本当に鬱陶しいですよね。しつこくされると疲れてしまいます。だけど、なぜそんなに他人に干渉したがるのでしょうか?

今回は他人に干渉する人の心理と、その対処法について紹介します。

スポンサーリンク

他人に干渉する人の心理5つ

人のプライベートな領域にずかずかと踏み込んでくる・・。その行動の裏には、一体どういう心理が隠されているのでしょうか?他人の干渉する人の心理を一緒に確認していきましょう。

1.相手のためだと思い込んでいる

人のプライベートのことをあれこれ質問して、求めてもいないのにべらべらアドバイスしてくる・・。本当にめんどくさいですよね。まさしくお節介というものですが、本人は相手が迷惑がっているのに全然気がつきません。

むしろ、「相手のために言ってあげている」という人助けの意識で干渉しているのです。実はそこには、無意識に他人を見下す態度や、人にかまってほしいという気持ちが潜んでいます。だけど、干渉する本人はそれに無自覚です。

本当は自己満足で干渉しているだけなのに、「私はいいことをしているんだ」と思い込んでいる。だからこそ、干渉してくる人はたちが悪いんですね。

2.他人に必要とされたい&認めてもらいたい

他人に干渉してくる人は、心に寂しさを抱えていることが多いです。空気が読めなくて鬱陶しいので、何かと人には嫌われがち。それなのに、本人は自分の何が悪いのかわからない・・。その結果、なんとか人に関わろうとして、無理矢理干渉してくるのです。

干渉したがりな人は、程良い距離感がわからなかったり、コミュニケーションの方法がわからなかったりと不器用なのです。上手く人に関われず欲求不満を抱えていて、その気持ちを干渉というかたちで人にぶつけてしまうんですね。

3.相手のことを見下している

他人に干渉する人は、無意識に他人を見下そうとするところがあります。「この人は私よりも頭が悪いから、いろいろ教えてあげないと」と内心思っているんですね。

また、干渉してくる人は、相手よりも上に立ちたがります。自分の意見を言うことで、「自分の頭の良さをアピールしたい」「他人を従わせたい」と考えているんですね。ですので、そこに「相手のために言ってあげよう」という思いやりはありません。

4.嫉妬している

親しげに近づいてきたり、「あなたのためを思って」なんて言いながら、いろいろ意見を言ってきたり・・。干渉してくる人は、表面的には確かに親切にしているように見えるかもしれません。だけど、その心には全く別の気持ちが隠されていることもあるのです。

干渉してくる人は、常に他人のことが気になって仕方がありません。その中で、「あの人はずるい」「男にチヤホヤされて妬ましい」なんて、嫉妬の感情が渦巻いているのもよくあることです。

いろいろ聞いてくるから答えていたら、アドバイスのふりして落ち込ませるようなことを言ってきたり、気がついたら他の人に噂を流していたり・・。そんな人を貶める行動に発展することもあるので要注意です。

スポンサーリンク