短気な性格ですぐにイライラしてしまう・・。そんな性格だと自分自身が疲れてしまうことはもちろん、人間関係の面でもいいことはありません。そのため、どうすれば短気な性格が直るのか悩んでいる女性もいるでしょう。

そこで今回は短気な性格を直す方法を紹介します。短気は損気!損をしないようにしっかり直しましょう。

スポンサーリンク

1.原因を探る

短気な性格だからといって、常に怒っているという訳ではありませんよね?まずは短気な性格が出てしまう原因を探りましょう。

  • どんな時に短気な性格が出てしまうのか?
  • どんな相手だと短気な性格が出やすいのか?

これらのことを一度、自問自答してみましょう。すると、「こんなシチュエーションの時に短気になりやすい」「○○さんといると短気になりやすい」など短気になる原因が見つかるはずです。

このように短気になるのは、それなりに原因があります。「あれっ、私いつも何に怒ってるのかな?」では、いつまで経っても短気は直りませんからね。原因をしっかり自覚することで直す方法も見つかるのです。

2.相性が悪い人とは距離を取る

先ほど紹介したように、特定の相手に対して短気な性格が出てしまう人は多くいます。人には相性というものがあります。「他の人だったら気にならないことでも、○○さんだと気になる」なんてことは誰でもあるでしょう。

そのため、相性が悪い人とはなるべく距離を取る方が賢明です。距離さえ取ってしまえば、相手が何をしているのか分かりません。知らなければ怒ることもないですからね。このように短気の原因となる人から離れることで、怒る機会は減っていくでしょう。

怒ってしまうのは癖みたいなものです。平穏な毎日を送っていれば、そのうち怒り方すら忘れてしまいますよ。

3.怒る価値がない相手だと自分を納得させる

短気な性格が出てしまうような相手とはなるべく関わらない方がいいですが、そうはいかないことの方が多いでしょう。プライベートや仕事では、嫌でも関わらないといけない人はいますからね。

ならば、怒る価値がない相手だと自分を納得させてみてはいかがでしょう?

  • こんなことも分からないなんて、なんて可哀想な人なんだろう
  • 仕事ができなくて、この人は今後も苦労するだろうな
  • 怒っても理解できないだろうから、怒るだけ無駄だな

このように相手に哀れみの気持ちを向けることで、怒る気持ちはなくなっていきます。そもそも、怒るような相手は怒ったからといって、それは直りません。ならば、自分の頭の中で自己完結した方がお互いにいいのです。

4.こだわりをなくす

短気な性格が出てしまうのは、こだわりが強いからかもしれません。こだわりが強い人は自分の思った通りに事が進まないとイライラしてしまいます。そのため、短気な性格を直すにはこだわりをなくす努力をした方がいいでしょう。

スポンサーリンク