いつもイライラしていて、いるだけで場の空気がピリピリしてしまう・・。そんな人、あなたの周りにもいませんか?心に余裕がない人って、近くにいるだけでなんだかストレスが溜まってしまいますよね。

いつもカリカリしている人と、今後どのように付き合っていけばいいのか悩ましいものです。この記事で一緒に、心に余裕がない人について考えていきましょう。

スポンサーリンク

心に余裕がない人の特徴5つ

心に余裕がない人は、一体どのような特徴を持っているのでしょうか?まず確認していきましょう。

1.まわりを気遣う余裕がない

心に余裕がない人は、常に自分のことでいっぱいいっぱいです。ですので、他人のことを思いやったり気遣う余裕がありません。

気遣いがない人からは、どんどん人が離れていきます。心に余裕がない人は自分がなぜ嫌われているかわからず、他人に執着してさらに嫌われる・・。まさしく悪循環なんですね。

自分が嫌われている原因を自覚して反省できれば、少しは人間関係もよくなるはず。だけど心に余裕がない人は、そんなことを考える心のゆとりがありません。その結果、「なんで私を嫌うの!」とキレたり、好意を押しつけたり・・。人の気持ちを思いやれず、さらに空回りしてしまうのです。

2.自分の話しかしない

心に余裕がない人ほど、「私に注目してほしい!」という気持ちが強いです。いわゆる自己承認欲求というやつですね。毎日不満ばかりだし、自分にも自信がない・・。そんな気持ちがあると、自分の話ばかりしてしまう人が多いです。

心に余裕がない人は、他人に対して関心を抱く余裕もありません。とにかく自分を認めてもらいたい一心なので、話題がいつも自慢話だったり、自己主張ばかりしてしまうのです。

そして彼らは自分のアピールに必死すぎて、他人に嫌な思いをさせていることに気がつきません。「相手が退屈するから、人の話もちゃんと聞こう」そう考える余裕すらないんですね。

3.人の幸せを喜べない

失恋したり、仕事がうまくいっていなかったり・・。自分の心に余裕がない時は、人の幸せを素直に祝福するのは難しいですよね。彼氏にふられた直後に友達から結婚報告を受けて、心から「おめでとう」を言える人は少ないかと思います。

同じように、心に余裕がない人は、常に人生に不満を抱いていたり、イライラしているので、人の幸せを喜ぶことができません。「私はこんなに辛いのに、あの子ばかり幸せでずるい!」と妬んでしまうのです。

4.いつも何かに依存している

心に余裕がない人は、常に不安や不満を抱えています。そして、それを何かに依存することで誤魔化そうとします。

例えば友達がいなくて働くことも嫌いな女性は、彼氏にべったりで恋愛依存気味だったり。寂しさのあまり、暇な時間は常にSNSを覗いているスマホ依存だったり・・。