「もしかして、私って性格ブスかも・・」そんなふうに心配になることはありませんか?周りの人にもどう思われてるのかな?と気になってしまいますよね。

今回は性格ブス度のチェックリストを紹介します。もし多く当てはまってしまったら、残念ながらあなたは性格ブスかもしれません。ちょっと怖いですが、一緒に確認していきましょう!

スポンサーリンク

1.自分より可愛い子を憎んでいる

性格ブスは、嫉妬深い女が多いです。また、いつでも自分が一番ちやほやされていないと気が済まないところがあります。ですので、彼女たちにとって自分より可愛い女性は敵でしかないのです。

例えば、職場に新人が入ってきたら、自分と比べてどっちが可愛いのか値踏み。もし自分の方が可愛いと感じたら、徹底的に見下して格下扱いする。逆に自分より可愛い子だったら、悪口を流して蹴落とそうとする・・これが性格ブスの実態です。

性格ブスはコンプレックスの塊なので、他人のいいところを素直に認められないんですね。ですので、可愛い女性に対しては、ついつい敵対心を燃やしてしまうのです。

2.自分を美人だと思い込んでいる

ものすごい美人だと、なぜだか「性格が悪そう」「つんとしてる感じ」というイメージがつきやすいです。だけど、現実は真逆。真の美人は、むしろ性格がいい人が多いです。

本当の美人は、小さい頃からまわりに可愛がられます。親や友達に愛され、恋愛も順調で、性格がまっすぐ育つ人が多いです。ですので、美人は気さくで性格がいい人が多いんですね。

一方で、性格ブスは中途半端な美人が多いです。彼女たちは、内心「私は美人!」と思い込んでいます。だけど、上には上がいたり、実はまわりから「可愛い雰囲気だけど、ちょっと残念」と思われていたり・・。

自己評価とまわりからの評価にギャップがあるせいで、中途半端な美人は苦しみます。自分と釣り合わないイケメンに告白して玉砕したり、意外とモテなかったり・・。そんな挫折のせいで、性格が歪んでいくのかもしれませんね。

3.他人を収入や学歴で値踏みする

性格ブスは他人を値踏みするのが大好きです。自分より格下の人を見つけて喜んだり、格上の人には勝手に敵対心を燃やしていたり。また、ハイスペックなイケメンが大好物なので、いつでも男性の収入や学歴を気にしています。

性格ブスは、もともと他人に対して偏見が強いです。例えば、「低学歴には低俗な人間が多い」「○○出身者は、ガラが悪い奴ばかり」などなど・・。そういう風に、人を勝手にカテゴライズして判断するのが好きなのです。

でも、人は収入や学歴では判断できませんよね。そして偏見を持って見られると、誰だって嫌な気持ちになります。人によって態度を変えたり、「あなたはこういう人間だ」と勝手に決めつけたり・・。こんな態度のせいで、性格ブスは人に嫌われるのです。

4.すぐに人を見下す

性格ブスな女性は、いつも人に対して意地悪な目線を向けています。初めて会った人に対して、外見や性格の欠点ばかりを探し出します。そして、自分よりも劣っている部分を見つけたら、すぐに勝ち誇った気分になる・・。とにかく性格ブスは、人のことを見下すのが大好きなのです。

性格ブスにとって、いつも周りは敵だらけです。人のことを信頼できないので、常に他人に疑いの目を向けてしまうのです。また、どうしても「人よりも優位に立ちたい」と考えてしまいます。ですので、気がつけばいつも人の粗探しをしています。

スポンサーリンク