ユーモアがあって、いつもみんなの人気者。こんな人って必ずいますよね。あんな人になりたい・・。そう思っている女性も多いでしょう。そこで今回はユーモアのある人の特徴となる方法を紹介します。

スポンサーリンク

ユーモアのある人の特徴

ユーモアのある人は、一体どんな特徴があるのでしょうか。早速紹介していきます。

1.会話を楽しくして自分が楽しみたい

どんな会話でも、常に面白く話す人っていますよね。そんなユーモアのある人は、会話を楽しくして自分が楽しみたいのでしょう。確かにどうせ会話するなら、楽しい方がいいに決まっています。

むしろ、これは会話だけではないのかも・・。人生を楽しくしたい。会話を楽しみたいのは、そんな大きなテーマの一部かもしれませんね。

人を楽しませる前に自分が楽しむ・・。盲点になりがちですが、一番大切なことですね。

2.頭の回転が速く瞬時に面白い事を思いつく

ユーモアのある人は、基本的に頭がいい人が多いです。傍からみてると、「よくそんな面白いこと、すぐに思いつくな」と感心してしまいますが、それができるのは、頭の回転が速く瞬時に面白い事を思いつくから。

これは、お笑い芸人に言えることかもしれません。特にMCをやっているような実力派のお笑い芸人は、どんな状況でも笑いを起こすことができますからね。

ただ、すぐに面白いことを思いつく頭があっても、基本的な知識がなければ、どうしようもありません。例え話をするにも、皆が納得できるような例えができなくてはダメですからね。

そのため、ユーモアのある人には、幅広い知識を持っていることが求められます。いつもふざけているように見えて、実は真面目な勤勉家なのかもしれませんね。

3.場の空気を読める

ユーモアのある人は、場の空気を読めるのも特徴の一つです。ユーモアは時として不謹慎になってしまうことがあります。これをはき違えてしまうと、ユーモアのある人とは思われません。

どんなに面白いことを言ったとしても、場の空気を読めなくては、笑えるものも笑えなくなってしまいますからね。周りに、「それ言うの、今じゃない」と思われてしまうだけです。

逆に、空気さえ読めれば、そんなに面白くないことを言っても周りは笑ってくれます。このことから、ユーモアのある人は、場の状況を読める観察力と、面白いことを言ってもいいのかを見極められる判断力があるとも言えますね。

4.状況に応じて毒を吐ける

ユーモアのある人は、状況に応じて毒を吐けます。誰しも思っているけど、言えないことってありますよね。それを堂々と言ってしまうのです。

スポンサーリンク