別に下品なことをしていないのに、男達のスイッチを入れることができる女性がいます。

女性が考えている以上に、男性の本能は複雑です。男を喜ばせようとした行動が下品に見られたり、何気ない仕草だけで興奮させたり・・。この微妙な心理を利用できれば、モテテクニックとして使えそうですよね。

そこで今回は男をムラムラさせるモテテクニックを紹介します。あからさまに下品な行動は除外していますので、気軽に試してみてください。

スポンサーリンク

何故あからさまな行動で興奮しないのか?

モテテクニックを紹介する前に、まずは男性の心理を少し解説します。そもそも、何故あからさまな行動で興奮しないのでしょうか?あからさまだろうが、男は惹かれないのでしょうか?

「取りあえず見せればいいんでしょ?触れればいいんでしょ?」なんて考えがちな女性は多いですが、同じものでも違って見えてしまうのです。ポイントは恥ずかしげがあるかどうか?堂々とされてもスイッチは入りません。

とにかく、わざとらしく自信満々に誘うのはNG!これをやってしまうと、どうしても男性は下品に見えてしまいます。最悪の場合、うざいと嫌悪感を与えることもあるぐらいです。

興奮させようと思ってしたことで嫌われるなんて、女として辛いですよね・・。そんなことにならないためにも、とにかく自然でさりげなく表現することを心がけてください。

想像を掻き立てればスイッチが入る

わざとらしく、恥ずかしげもない行動をしても魅力的にみられません。自然でさりげなく、さらに品を感じさせることができれば、ムラムラさせることができるはずです。ここでもう一つポイントを紹介します。それは男性の想像を掻き立てることができるか?

興奮するであろう行動を全て女性がしても、男性の心を動かすことは困難です。大切なのは、相手に勝手に妄想させることであり、そうさせる手前の行動で留めておくことです。この『手前の行動』が、男性のムラムラスイッチを入れて、後は勝手にイメージを膨らませるのです。

このメカニズムを分かっていない女性がやり過ぎて下品に見られます。また、興奮させようと思っていないのに、勝手に男性がドキッとしてしまう原因もこれです。

品よく髪を弄る

男性の心理を理解できたところで、早速モテテクニックを紹介していきます。まずは男性の前で品よく髪を弄ってみてください。それだけで、男性をドキッとさせることができますよ。

とは言っても、ただ髪を弄っているだけでは男心を動かすことはできません。男の気を引こうと髪を弄りまくっても不潔に見えてしまいますからね。

先程も紹介したように、男性は何気ない行動を勝手に妄想します。こちらがいかにもな行動をする必要はありません。想像を掻き立てやすい『手前の行動』をターゲットの男性の前ですればOKです。

例えば、結んでいた髪をほどいて軽く首を振ったり、逆に食事の前などに髪を結びつつ首と体を軽くひねって、うなじをチラ見せしたり・・。さらにシャンプーの香りを漂わせることができれば、嗅覚から想像を掻き立てることができるでしょう。

スポンサーリンク